火事もそうだが、一瞬にして崩れるとは、
Date :2017-10-14(Sat)

13日早朝、田結の宿泊施設かもしかの1棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかったとか。

この施設を経営する85歳の男性と連絡が取れていないということで警察は身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べているとの報道。昔からよく知り、選挙の度にお世話になった方だ。ニュースを見て驚いた。

ところで、火事もそうだが、営々と築いても一瞬にして壊れることがある。鉄鋼メーカーの神戸製鋼所は、原子力発電所の配管などに使われ、その技術力と信頼度は高かった。それだけに事態は深刻だ。

また、ラグビーの知名度もばつぐんだ。7季連続日本一のラグビーや阪神大震災を乗り越えた姿と重なっている。

チーム黄金期の立役者は平尾誠二さんである。ドラマのモデルにもなった。同志社大で初の大学選手権3連覇に貢献し、日本代表監督も務めた。端正な顔立ちに口ひげが似合うラグビー界の大スターは去年、53歳で帰らぬ人となった。


今度の銅、アルミ製品などの性能データ改ざん問題は、従業員が誇りを持って取り組んでいるはずの製造現場で起きている。

強度や寸法をごまかした部材の販売先は電力をはじめ自動車、機械など国内外の200社に及び、影響は計り知れない。

安全性は大丈夫か、何が不正に駆り立てたのか、まず明らかにすべきことだ。神戸製鋼にとどまらず、日本全体の製造業ものづくりのイメージダウンにもなりかねない。

スポンサーサイト
【2017/10/13】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |