FC2ブログ
一夜明けての選挙事務所は、兵どもが夢の後。
Date :2017-10-24(Thr)

早朝、武生の選挙事務所にいた。片付けは、いつもバタバタと進む。嵐の中の復活当選から一夜明けて、武生の事務所のカギを開けた。報道陣でごった返した事務所、何度も開け閉めしたドアのガラスが割れ、破損したガラスを見ると、まさに兵(つわもの)どもが夢の後。

おおげさかもしれないが、日程の重なりから関ヶ原の戦いと言った方がいた。西暦1600年。日にちは10月21日、417年前の4日前、関ケ原に兵16万が集まるが6時間ほどで決した。

先日、各務ヶ原市議会との議員交流で、敦賀市立博物館を訪れた。関ヶ原合戦の絵巻の説明で傍らにいた外岡館長は「関ヶ原前の岐阜城攻略など、連戦連勝もあり、家康の策略で勝負は決まっていた」と語った。

戦の前に敵前逃亡、相手への逃げ込み、裏切り、今回、権謀術数を巡らして動いたのは武将ならぬ立候補者たち、どこか、関ヶ原の戦いと重なる。石田三成の権謀術策、壮大な反家康包囲網の見事な失敗とも重なる。。

関ケ原は決戦前夜、雨だったとか。きのうは台風襲来である。暴風雨の中、3極で争う劇的な展開となって、関心は高まったか、投票率も高かった。

相手の陣形が整わぬうちに。そんな知略で冒頭解散を仕掛けた現政権に軍配は上がった。「希望の党」は策に溺れ、民心が離れた。ある方は、「希望が失望へ、失望が絶望へ」、と語った。自虐ネタではないが、この一ヶ月、「希望の党」の旗を掲げ、戦ったものとして、どこか、納得できないままの戦いが終った。、

報道各社の世論調査は「希望の党」の数字がものの見事に物語った。まさに劇場型選挙に地方は翻弄され、この後、民進党はどうなるのか、まさに、地方組織の置き去りに。あらためて携わった関係各位にお礼を申し上げる。ほんとにご苦労様でした。

一方で、窮地に陥りながらも「立憲民主」の旗を揚げたつわものたちは善戦し、これもどうなるのか、家康の戦後処理は厳しかった。私が知る代議士は、今日、議員会館へ、後片付け、一週間もたたぬ内に撤去しなければならない。

夕方、敦賀へ。一日ぶりの笙の川は土色の水流、これも台風のおき土産。怒濤の一ヶ月が終った。ついつい感傷的なブログになったお許し願いたい。今日から議会の委員会視察。



スポンサーサイト



【2017/10/24】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |