FC2ブログ
時代時計
Date :2017-12-09(Sat)

ブログの更新が遅れた。遅れると心配して電話をかけてくれる。ありがたいことだ。正直、飲み過ぎた。確実に増えている。アルコールの処理能力が落ちているかもしれない。

朝刊に天皇陛下の退位日が正式に決まったとトップ記事。昭和34年のご成婚のパレードを見、平成元年の即位を記憶する。人生の思い出は知らず知らずに天皇ご夫妻の姿に重ね合わしている。
人も都市もこうして生まれ変わっていく。年齢のせいだろうか。天皇制と元号という日本独自の「時代時計」が、その時代をぼんやりと眺めることができる。

ところで、敦賀信用金庫の調査で原子力発電所の停止が続いている敦賀市とその周辺の企業の売り上げについて、停止の影響が「ない」と答えた企業の割合が65%とこれまでで最も高くなった。

一方、「影響がある」とした企業の数は35%にあたる168社で小売業やサービス業を中心に依然として影響が残っている。

また、今後の売り上げの予想については、「増加」と「やや増加」と回答した企業が24.9%に上り、北陸新幹線の敦賀開業への期待感もうかがえる結果となった。

昨日までの議会の一般質問でも、敦賀市の現状と今後への不安、期待が交錯していた。

もんじゅの廃炉の影響も今は限定的であっても確実に影響する。各企業は現状を考えて、もうけさきを考えている。

一方、北陸新幹線工事の本格化や美浜3号の新基準適用ための工事の本格化により、ホテル需要や周辺の店舗の売り上げも上がっているようで、徐々に変わりつつあることは確かだ。

ただ、市の財政において原子力関係の税収の減少など、これからも増えることが予想される高齢者福祉、今回、多く出された障害者福祉といずれもきびしい状況の中での運営が予想される。

スポンサーサイト



【2017/12/09】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |