FC2ブログ
讃岐うどんと納豆
讃岐人のソールフードは讃岐うどん。店も朝五時から開いている。私はもっぱら冷凍うどんを暖めて、これは十分でできあがる。寒くなった最近は1週間のうち半分以上はうどんだ。食べ方は色々だが炭水化物のかたまり、食べ過ぎがこうじて糖尿病など、生活習慣病が香川県,徳島県には多い。

一方、うごんに栄養を考えて、納豆を入れる。とろみが出てうまくなる。ときどき、ちょっとぜいたくをして、生卵と一緒にかき混ぜて、あつあつのうどんにぶっかける。これを一挙にかき込むとなんだか力がみなぎるような気がする。
作家の菊池寛はうどん好きで有名。太宰治も納豆が好物で筋子と一緒に食べるのがお気に入りだったとか。

納豆は十分に練るのが肝心。そうでないと納豆の味が出ないそうだ。

Date :2017-12-11(Mon)

テレビの健康番組でこのところ、納豆の人気が高まっている。先日の本紙によると、昨年の消費額は、推計で2千億円を超えて過去最高を記録した。今年はそれをさらに上回る勢いになっているという。
栄養豊富なうえに価格は手ごろ、保存も簡単なのだから、人気もうなずける。

納豆は年中売っていて、いつでも食べることができるから季節感はあまり感じられない。だが、もともと冬の季節商品だったという。


あまり能書き言わず、あつあつのうどんは体を芯から温めてくれる。最近のように冷え込む日は、ずずずっ、音を出してすすり込む。うどんの醍醐味だ。

スポンサーサイト



【2017/12/11】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |