FC2ブログ
北陸新幹線の耐豪雪
Date:2018-01-14(Sun)

今日は、気比神宮での海洋少年団の初訓練。雪が心配だがどうだろう。

ところで、災害はときとして地域の交通の改善を促進する。阪神淡路大震災の教訓は舞鶴若狭自動車道の開通につながった。

一方、何年に一度かの大雪は、その時々の交通事情を浮き彫りにする。教訓も生かされる。

降る雪に変わりはないのだが、年代によって答えは違うのである。数年前、北陸自動車道は通行止めとなり、その自動車も加わり、国道8号で敦賀市と越前市の付近で一時は数百台の車が立ち往生した。

全国ニュースになり、莫大な除雪費を使い、大雪はつらい暮らしを強いる雪は時に腹立たしくなる。今回も新潟、富山、石川とこの豪雪は、交通を止めた。


1981年の「56豪雪」では、北陸線は不通となり、北陸道は必死の除雪で何とか米原までつながり、北陸は陸の孤立にならずにすんだのである。1月3日に北陸自動車道を使って米原からタクシーで敦賀に滑り込んだ思い出がある。

「38豪雪」の痛い経験から石川県の金沢港がうまれたとも。被害は大きかったが、あの豪雪がなかったら金沢西部地区の発展は形を変えていたとも。災害は経験しない方がいい。だが、どう将来に生かすかが大事だ。東北自動車も東日本大震災に強かった。


一方、今回の場合は金沢までの北陸新幹線が強かった。東北新幹線もそうだが、交通事情の変化でヒーローとなった。敦賀延伸となる北陸新幹線も敦賀にとって交通事情の改善になると信じたい。
スポンサーサイト



【2018/01/14】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |