FC2ブログ
寒さはいつまで、一方、経済の冷え込み
Date:2018-01-31(Wed)

昭和56年頃、こんなに寒かったかと思う。節分頃には雪の目処もついたように思うが、どうも今年はまだまだ寒さも続くとか。インフルエンザが重症化する高齢者もいるとか。

寒さと言えば、リーマンショック以降の景気の冷え込み、遠くはバブル崩壊後の景気の冷え込み。どれも弱いものに影響が真っ先に出た。中小の倒産、不動産価格の落ち込みによる自己破産そして自殺と、身近なところでみてきた我々世代は景気には敏感になっている。

一方、今にわかに注目を集めているのはインターネット上で取引される仮想通貨だ。各国から投機マネーが流入し、価格が乱高下する仮想通貨もある。大手の仮想通貨取引所では多額の仮想通貨が流出する問題も起きた。

また一昨日と昨日のニューヨーク.ダウの落ち込みが気になる。

話は変わるが歴史上オランダのチューリップ。1636年には、球根1個は、馬と馬具をすべて備えた2頭立ての新品の馬車1台と交換された。その後、チューリップ値段は大暴落。家や土地を担保に多額の球根を買った人々は破産に追い込まれ、オランダ経済は深刻な打撃を受け、自殺者も多発したとか。

バブル崩壊、リーマンショックと、真っ先に影響するのは生活弱者だ。歴史が残した教訓は重い。

スポンサーサイト
【2018/01/31】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |