FC2ブログ
3日は節分。昨日は立春だというのに、折からの記録的な厳寒、大雪。
Date:2018-02-05(Mon)

3日は節分。昨日は立春だというのに、折からの記録的な厳寒である。そして大雪。
春は名のみの風の寒さや…。唱歌「早春賦」の出だしだが、いつにも増して日差しがほしい。春の気配すらない。

時代の移り変わりとともに、さまざまな風習が廃れていくのは必然とはいえ寂しい限りだ。「福は内、鬼は外」の大声とともに「鬼打ち豆」を投げつける豆まきは、数少ない生き残りの一つだろう。

季節の変わり目に忍び寄る邪気、例えば病や害虫などを鬼になぞらえてやっつける。こんな分かりやすい設定が、各地で今に引き継がれている要因かも。

大豆は古来、呪術力が強い作物と言われ、その秘めたるパワーを飛び道具に仕立てて鬼を退治した。

気比神宮で先日、幼稚園児が参加して豆まきが行われた。節分の日、昔々、子育て真っ最中の頃、息子と共々気比神宮の拝殿で神事を行ってもらったことがある。もう今月11日で37才になる。

ところで、上昇が続いていた米株式相場に変調の兆しが出ている。2日には米ダウ工業株30種平均が前日比665ドル安の2万5520ドルと、9年2カ月ぶりの大きな下落幅を記録した。米大統領の政策に期待する「トランプ相場」の中では最大の下げだ。過敏かもしれないが、バブル崩壊、そしてリーマンショック後の経済の冷え込み、いつも米国株価がシグナルだった。

核政策の転換など過激な言動を繰り返すトランプ米大統領。他国を「シットホール(肥だめ)」呼ばわりする感覚には恐ろしささえ感じてしまう。鬼と見立てて豆をぶつけたい気分になってくる。
スポンサーサイト
【2018/02/05】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |