FC2ブログ
日本中が感動した日
Date:2018-02-18(Sun)

平昌五輪、昨日は日本中が幸せな気分になったのではないか。感動というのはこの事と焼き付けられる光景ではなかったか。いろんな人に勇気と感動を与えられる人間はそうはいない。羽生結弦は会場の空気を一気に自分のものにしたようにも思えた。

演技を通して五輪にかける思いが私も伝わってきた。終わった後、右足首をさわって本人は「感謝」と言ったが痛かったのではと推察する。気迫とか存在感とか、いい光景を見せてもらったように思う。

演技をみていて、体力への不安はあまり感じなかったが、何度もビデオでみると滑るスピードも落ちている。演技後半の4回転トーループをステップアウトしたあたりから足にきていたようにも思う。

ケガからの復帰は想像以上に大変だったようにも感じた。ここまで戻したことが、常人の想像の範囲を超えている。

そんな気迫のこもった演技の直後に登場したフェルナンデスもフリーも羽生さんのあの気迫の後では弱く見えてしまったのも不思議だ。

また、羽生さんと銀メダルの宇野さん。ワツーフィニッシュはいい。羽生さんは、「頑張ってきてよかった。生きてて良かったなと思う瞬間です」と振り返り、「皆さんのおかげで自分の人生史上、一番幸せな瞬間を過ごしています」と話していた。冒頭ではないが、誰もが感動した瞬間だったのではいか。

敦賀のニューサンピアのスケートリンクの人気は強い。それもフィギアスケート人気の支えもあるように思う。



スポンサーサイト
【2018/02/18】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |