東日本大震災の後遺症
 Date:2018-03-11(Sun)


東日本大震災から今日で7年。亡くなられた方のあらためてご冥福を、まt、被災された方、いまも苦しんでいられる方にお見舞い申し上げます。

福島の原子力発電所の事故からも7年。福島の現場は、廃炉の時間がかかることは確かだ。この事故の後遺症は大きい。

敦賀市も遠いが原子力発電所の長期停止、もんじゅ廃炉などの影響を受け人口減少に歯止めがかからない。病気や高齢を理由に仕事がなくなり自ら命をたった市民もいる。

敦賀市の産業構造上、安全が確認できた原子力発電所と新たな建設は地域の生命線にもなっている。
 

一方、福島、宮城、岩手県の被災地を歩くと、新しい公営住宅や区画整理された道路などが目に映る。ハード面の整備はめどがつきつつある。

現地では最近になって、再び恐怖や喪失感にさいなまれ、心身の不調を訴える人が現れている。

阪神淡路大震災で復興も進んだが、時間がたっても精神的な障害や体に障害が残る方もいる。

もっと語ると、敦賀市など各地への空襲、高齢の方からその惨状を伺ったことがある。家を焼かれ、家族を失う無念さ。そして戦後も、先日の福井の大雪など多くの災害に見舞われ、悲嘆の記憶を重ねてきた。

忘れてならないのは、心の復興のペースは一人ひとり違うということだ。自助、共助、公助というが、簡単なことではない。

スポンサーサイト
【2018/03/11】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |