FC2ブログ
ゴミの問題、高齢者の免許証自主返納の課題ーまだまだ続く。
Date:2018-06-02(Sat)

とうろうながしと花火大会の後の海岸線はゴミの山だ。清掃活動を繰り返しても一向改善がみられない海岸漂着ごみばかりではない。いつのころからか公園でのゴミも多い。また、高速道路のゴミ箱、朝、山盛りになっている。マナーの問題といいながらいつまでも続く課題だ。明日は気比の松原海岸でクリーンアップ大作戦。

ところで、高齢運転者による死亡事故が後を絶たない。

先月28日には、神奈川県茅ケ崎市で90歳女性の運転する乗用車が赤信号で交差点に突っ込み、横断歩道を渡っていた4人をはね、うち1人が死亡した。

逮捕された容疑者は、10年ほど前に膝を悪くし、買い物や通院のために車を週1、2回運転していたという。昨年12月に認知機能検査を受けたが問題はなく、今年3月に運転免許を更新していた。

人ごとではない、と感じた人も多いのではないか。敦賀市でも「買い物難民」「通院難民」と呼ばれる高齢者は増えている。免許を返納しようかと迷いながらも運転を続けている人は少なくない。ただ、最近の認知症検査と運動で敦賀市でも自主返納が増えている。

高齢化の進展に伴い免許を保有する高齢者は増える。社会全体で、自主返納を促しやすくする環境整備は、コミュニティーバスや乗り合いタクシー、生協の移動スーパーとまだまだ工夫が必要に思う。これもまだまだ続く大きな課題だ。
スポンサーサイト
【2018/06/02】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |