地方議会のあり方、女性の数がわだいになるがーー。
Date:2018-06-05(Tue)

昨日、議会の女性の数が話題になった。まだまだ市役所の管理職や議会も議員数も男性が敦賀市では多い。

ほとんどの方は知らないが「政治分野の男女共同参画推進法」が先月、成立した。国政や地方議会の選挙で、候補者をできるだけ男女均等にするよう政党などに求める。罰則のない理念法、精神的な法律で、直ちに女性議員が増えることでもない。


国会でも地方議会でもまだまだ女性議員が少ない日本だが、一部では議員のほぼ半数を女性が占める議会も誕生している。

神奈川県葉山町や同県大磯町、大阪府島本町など。ただ、女性議員が増えれば、他の自治体より施策が充実すると言えるほど単純な話でもない。どこも財政は厳しく、行政ができることには限りもある。

一方、議会の情報公開や活性化という点で、活発に質問する女性議員に刺激され、男性議員の質問が増えた議会もあるとする研究もあるとか。

女性が1~2割程度だと男性主導の組織文化を変えるのはなかなか難しい。3割を超えると、目に見える変化が生まれやすくなるとも。どうもこの分野での進展は遅々として進まない。

今日から6月議会、まだまだ改革すべきことは多い。


以下、一般質問の素案です。また、ご意見を頂ければ幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、 観光行政について
① 金ヶ崎基本計画

金ケ崎周辺の集客施設整備に向けた基本計画案がまとまりました。「人道の港敦賀ムゼウム」の移転拡充のほか、転車台や蒸気機関車(SL)を走らせる鉄道遺産の活用計画、民間のカフェやショップ誘致の事業スケジュールなども盛り込んだ。北陸新幹線敦賀開業を見据えた計画が明らかになりました。

金ケ崎周辺の観光入り込み客数は、2015年10月に観光施設としてリニューアルした赤レンガ倉庫の効果が大きく、16年には35万6100人と倍増。翌年は倉庫の開業特需が減少し29万6400人となったものの、市内を代表する観光拠点の一つになりました。

今後、ムゼウム内部レイアウトの決定、鉄道部分の用地協議、運営手法など検討課題は多い。ソフト面では飲食の民間協力をはじめ、常に人が集うイベント創出なども不可欠と考えますが、敦賀駅周辺、気比神宮、気比の松原、天狗党の松原神社など、など、他の観光資源とどう結び付けていくか、まず、点を面としてどう連携させて、相乗効果をも引き上げるか、お伺いしたい。

次に、赤レンガ倉庫も運営費用が指定管理者への支払いや維持管理にあるように、今後、金ヶ崎の維持管理を費用も含め、どのように考えているのか、お伺いいたします。
次に金ヶ崎のムゼウム、鉄道遺産と金ヶ崎城址の関係を観光面でどのように考えているのかをお伺いいたします。

② 気比の松原の観光振興
5月、6月と夏の海水浴シーズンを前にして、多くの県外の観光客が釣りや観光と敦賀の海と松原の自然を求めて参って折ります。特に土日は松原の駐車場はかなりの混雑であり、夏の海水浴シーズン以外にも、四季折々の松原を求めて来る観光客も含めて、松原の保全と合わせて再考する時期に来ていると思います。まずは、気比の松原を観光面で考える検討委員会を設置してはいかがでしょうか、市長のご見解をお伺いいたします。

③ イコカ導入
北陸新幹線敦賀開業にむけて、JR西日本の9月15日、福井県内のイコカカード導入に合わせて、コムニティーバスのイコカ導入を考えるべきと存じますがご見解をお伺いいたします。

2、 市民が主役のまちづくりについて

① 男女共同参画センター
まずは、かつての男女共同参画センターを利用していた主な団体の活動場所と活動状況についてお伺いいたします。次に4月以降の南公民館での男女共同参画や市民協働課の活動状況をお伺いいたします。

次に、市民が主役のまちづくりの観点で、敦賀駅前の新しい建物あるいは、新たな市役所での市民活動など、どのように考えるか、ご見解を伺います。

② 公民館でのコミュニティのモデル事業
粟野公民館でのコミュニティモデル事業も3年目を迎え、今後の新たな展開が必要に存じますが、まずは、市としての評価をお伺いいたします。

次に、市民が主役のまちづくりとして、これからの公民館活動で緩やかなコミュニティ化は重要な要素と思いますが、市長としてどのようにお考えか、ご見解をお伺いいたします。

3、 廃棄物処分場の管理と今後について
① 民間廃棄物処分場
まずは、樫曲の民間廃棄物処分場の現状について、水質の状況など環境の現状、さらには処理負担の現状がどのようになっているのか、お伺いいたします。

次に、国の特措法が切れる平成34年度までの処分場の管理の見通しをお伺いいたします。

② 安定型廃棄物処分場と不法投棄
次に、かつての安定型廃棄物処分場の動向や不法投棄など、現状はどうなっているのかをお伺いいたします。


スポンサーサイト
【2018/06/04】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |