いかのおすし
Date;2018-06-10(Sun)

小学校の下校時は、学校からの解放感で楽しかった。普通だったら、家にランドセルを放り投げて外で夕暮れまで遊んだ。遊ぶ相手は上級生から修学前の幼稚園児までの集団だったこともある。明らかに児童クラブや保育園となかった時代だ。

何かがおかしい。命をないがしろにするがどうしてこんなに起きるのか。最近では東京の虐待、衰弱死だ。

「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」。5歳児の文章に胸が詰まる。必死だったろう。何も悪いことはしていないのに。

また、5月、新潟県で下校中の小学生が殺害される事件が起きるなど、改めて子どもたちの安全対策が求められる。

言葉で「いかのおすし」とか。
▽知らない人について「いか」ない、▽知らない車に「の」らない、▽「お」お声を出す、▽「す」ぐ逃げる、▽「し」らせるという、防犯の心得をまとめた標語。

見守り隊の皆さん、交通指導員の皆さんにも頭が下がる。
スポンサーサイト
【2018/06/10】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |