FC2ブログ
幸福度日本一の福井と2位の東京の違い(寺島実郎の講演)
Date:2018-06-27(Tue)

昨夜は福井市で連合福井でサンデーモーニングのコメンテイターで有名な寺島実郎の講演を聴いた。

時々刻々変化する日本・世界情勢、経済の潮流を読み解き、いま持つべき視点・立ち位置を、データで解説してくれた。

超高齢化社会の日本の中で福井県の幸福度日本一、その持ち家率など客観的な70を超える指標で日本一を続ける中で、一方で、幸福度2位の東京の違い。農業の第一産業が近くある福井県の素晴らしをといていた。

他方、なぜ、福井県から東京など人口流失が進むか、情報量という文化力の違いで説明していた。

また、内向き志向や海外に出向こうとしない若者が増えていると。

ところで、サッカーのワールドカップで強敵セネガルと引き分け、その余韻が残る中、さらなる朗報が届いた。19歳、畑岡奈紗が米女子ゴルフツアーで、日本勢としては最年少初優勝を飾った。時に並外れた力を見せつけるからだ。

一昨年、アマチュア選手としては史上初めて日本女子オープンを制した。そして、世界の舞台でも10代でその名を刻むことになった。[備え持つ能力に加え、練習の積み重ねや考える力、チャレンジ精神が、日本サッカーにも通じる強さと成長につながった]とのテレビの解説に納得だ。サッカー日本、19歳の畑岡さん、寺島実郎さんの講演と教えられることは多い。


スポンサーサイト
【2018/06/26】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |