イベントとコンビニの売上
Date:2018-06-29(Fri)

昨夜のポーランド戦、やはりくやしい。リーグ突破といえどこか喜べない。コップ片手にテレビのまえ、

老若男女たちが、夜遅くや未明の熱戦に夢中になっている。大人が手にするコップの中身は、ビールなどのアルコール飲料。ほどほどと思いながらも量が進む。

ビール業界に「特需」をもたらしているとも。日本代表公式パートナーのキリンでは、初戦で強豪コロンビアを破った翌日に発泡酒、第三のビールを含む出荷量が前年の同じ日より2割以上も増えたとの報道。。

乾選手の近江八幡では熱烈な応援が地元であって途中、出場となると盛り上がりも最高潮とか。
 
この試合でもファンは、コップ片手に必死の応援になったのでは。近くのコンビニもビールが売れに売れたとか。

敦賀のコンビニやとんかつ屋での祭りや花火大会の売上は普段の2倍とも。これからの決勝トーナメントが楽しみだ。
スポンサーサイト
【2018/06/29】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |