FC2ブログ
西日本の豪雨災害の教訓
Date:2018-07-09(Mon)

昨日は早朝よりカッターレースの練習準備、海開き、戦没者戦災者追悼式そしてカッターレースの練習と続いた。

合間に倉敷市や四国の友人に被災のお見舞いをメールすると、その凄さが返事で帰ってきた。

活発な梅雨前線の影響で、西日本を中心に記録的な大雨となった。
土砂崩れや河川の氾濫が相次ぎ、多くの犠牲者、行方不明者が出ている。雨は9日も降り続くとみられ、被害がさらに拡大するおそれがある。

広島や岡山では街が大規模に冠水し、土砂崩れや生き埋めの情報が相次いだ。
被害に遭った方々には心からお見舞い申し上げたい。気になるのは太平洋上の台風8号だ。猛烈な勢力を保ち沖縄に接近するとみられる。最悪の事態も想定するべきだ。

テレビ解説によると、これほどの大雨となったのは前線が日本列島に沿うように停滞し、南から暖かく湿った空気が供給され続けたためという。
ちょうど1年前の九州北部豪雨のように、積乱雲が同じ場所で次々と発生する「線状降水帯」が形成されたとみられる。

近年頻発している極端な降雨現象は、地球温暖化が一因とされる。経験のない大雨がいつ、どこで降ってもおかしくないと改めて胸に刻みたい。笙の川もけっして油断できない。
 
倉敷市では緊急避難場所の小学校への情報が伝わらず、早めの避難は心掛けたいが、移動することが危険との判断など、想定外の豪雨に、判断が難しく右往左往して検証も必要だが、自治体の判断ミスもあったようだ。

1人暮らしのお年寄りなど災害弱者に情報が伝わりにくいという問題も以前から指摘されているが今回も倉敷市ではあったようだ。

これら多くの教訓がうまれている。市立敦賀病院も笙の川決壊時の対応も一応、マニアル化されているが、大規模な洪水被害に対応できるか、など、ハザードマップは教えるが、実際に被災した場合、よりきめ細かな災害対応が求められる。今後の備えに生かしたい。
スポンサーサイト
【2018/07/09】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |