FC2ブログ
昨日は7月盆入りと被災地の暑さ
Date:2018-07-15(Sun)

昨日は七月盆の入りだった。冷房の効いた病室で一日を過ごしている。カッターレース実行委員会のLINEが準備状況を伝える。どことなく後ろめたさを感じる。

女房にとっては母の初盆。本来であれば家族がそろって迎え火を焚いて迎える。そんな平凡な初盆がきた。よみがえりを強く願っている人がいれば、泉下から亡き人が戻ってくる。どkにでもある日本の風景だ。

西日本豪雨で各地に大雨特別警報が出されてから、きのうで1週間を超え、警察庁のまとめで死者は200人を超えた。これまでの多くの場合と同じように、「災害弱者」とされる高齢者や子どもの犠牲が目立っている。被災範囲の広さといい、死者や行方不明者の多さといい、記録的な被害になってしまった。

全国各地からボランティアが被災地に集まる。無情にも酷暑が続く。断水も復旧していない。水の引いた後は泥との戦いである。厳しい現実に向き合っている。

福井豪雨のボランティアに当時の美山町に敦賀市のバスででかけた。その惨状は想像を絶した。豪雨災害の怖さとボランティアの充実感を感じた。

いずれにしても豪雨災害は広域化し、その後始末はボランティアも含め数年はかかる。被災地の一日も早い復旧を祈るのみだ。

スポンサーサイト
【2018/07/15】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |