FC2ブログ
暑さとコンビニから宅配サービスまで
Date:2018-07-21(Sat)

昨日はそろそろ社会復帰と思い、病院より平成30年「海の日」海事関係功労者大臣表彰に敦賀海洋少年団団長として出席したが、一時間座り続けるのも痛かった。病院を出ると照りつける暑さ、汗がどっと吹き出た。会場入って冷房:-Dが効いていたが、今度は痛さの油させ、久しぶりだった。

終わると直ぐにタクシーで病院に直行。横になると痛さが引く。なんともぶざまな我が身に腹出しくなるが、グット、病院でのトイレが意外に痛みも軽く軽く歩ける。一昨日と昨日、無理に外出するのもと自己満足に落ちている。

ところで、病院の高齢の患者さんと話すと、「こう暑くては、出掛けるのも半ば命懸け」と。テレビ報道の熱中症の死亡者は大半が高齢者だ。

熱中症が心配で外出を控え、食事は有り合わせで済ませている人も多い。高齢世帯はなおさらだろう。松葉町の市営住宅ではスーパーなくなった代わりにコンビニを毎日、通っているとか。コンビニの役割は高齢者の一人暮らしにはなくてはならない存在になっている。

都会では、そんな時に助かるのが宅配サービスやインターネット通販か。弁当から重いペットボトルのケースまで、電話1本、クリック一つで玄関先に届けてくれる。年会費を支払えば送料を無料にする会社もある。コンビニの普及も早かったがネット通販も早い。

テレビではネット通販が国内の小売店やコンビニを淘汰してしまったら、一体どうなるのか。ネットを使いこなせない高齢者は「買い物難民」となるしかないのでは。心配事が尽きないのは、暑さのせいだけではなさそうだ。

スポンサーサイト
【2018/07/21】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |