FC2ブログ
笙の川の土砂にみる災害のサイクル
Date:2018-07-29(Sun)

台風12号は、本州の南の海上から近畿へ、福井県には今日未明から朝にかけて最も近づいた。雨風とも今のところ少ない。

先日、ある方から「笙の川の水位がいつもより高い]とご指摘を受けた。市役所の道路河川課に尋ねると「普通であれば70センチだが今年は豪雨以降1メートルを超えて推移している。

原因は土砂、通常であれば11月が浚渫の頃だが、今年は臨時に浚渫を考えているとか。秋の台風シーズンには間に合わせてほしい。

今年もそうだったが毎年のように繰り返される笙の川の洪水による避難勧告、笙の川の不安は台風シーズンを迎えるといつも以上に高まっている。

ところで、笙の川の避難勧告は毎年となったが、4年に1度の大きな出来事といえば、我々は議選が思い浮かぶ。ただ、少し前まで世界を熱狂させた4年ごとのイベントはW杯サッカーだったし、次はもちろん、開催が2年後に迫った東京五輪だ。

4年の年月は長いようにも感じる。とはいえ2013年に東京が20年の夏季五輪とパラリンピックの開催都市に決まってからの5年は、あっという間だった。今は前回大会から東京大会までの折り返し地点。その間、熊本、大阪など全国各地で地震、豪雨、土砂災害と災害のサイクルが毎年だ。
スポンサーサイト
【2018/07/29】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |