FC2ブログ
あしたのジョーから朝ドラ、そして空き校舎の利活用
Date:2018-09-22(Sun)

昨日は、西公民館で生涯学習センターの事業で「海っ子広場」を海洋少年団として協力した。海洋少年団の紹介からロープワークと進めた。10月20日には海上保安庁のまつかぜに乗船する。これはさすがに参加人数は多い。子供たちに海を知ってもらう事業、きっかけづくりは難しいが地道にやりたい。

話は違うが、きっかけづくりの漫画の力、朝ドラのテレビなど映像は大きい。小中高の愛読書が週刊マガジン、「巨人の星」や「あしたのジョー」は、しっかり頭の中に残っている。絵の力は大きい。あしたのジョーが始まって今年で50周年を迎えた。NHKの朝ドラにも取り上げられた。

単純なのか、ボクシングにはまった時期もあった。「クロスカウンター」。相手が打つストレートに腕を交差させるようにして放つパンチで、「肉を切らせて骨を断つ」と、これは練習してもできなかった。

ボクシングはルールのなかでの殴りあい、やってどこか、闘争心というか燃えるものを感じるから不思議なスポーツだ。

七転び八起き、フラフラになっても立ち上がる、そんなところも、どこか引かれる。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」もどこか、そんなドラマ感伝わる。

終盤、鈴愛と律が挑むのが「そよ風の扇風機」の開発だ。どこか、うそっぽいが、夢がある。

廃校になった校舎を利用する。「シェアオフィス」、スペースを共有することで安く利用できるシェアオフィスは全国的に増えている。中でも、広い敷地や区切られた教室がある廃校の再利用が注目されている。

以前、体育館が工場で事務所が教員室、教室は研究室と会議室。運動場は駐車場と生まれ変わった工場もあった。

少子化による統廃合で小中高校の廃校は毎年約500に上る。敦賀市も愛発小中学校、葉原小学校、西浦小中学校、常宮小学校と、地域の防災拠点や公民館になっているが、空き校舎は大半が残ったままだ。

角鹿中学校の小中一貫によって旧市街地でも空き校舎ができる。空き家なども含め、何か利用できないか、

交流都市、敦賀の空き校舎の利活用も真剣に考えてもいい時期に来ている。


スポンサーサイト
【2018/09/23】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |