FC2ブログ
予算特別委員会と鬼太郎・・・・
Date: 2007-11-20(Tue)



強い寒気の影響で日本列島、昨日は早朝から寒かった。12月中旬並み以下の気温とか。早朝に敦賀を出て、いま島根県米子市にいる。ここで有名な大山も初冠雪が記録された。四国の高校生時代に、はじめてスキーをした場所でもある。当時でも四国のスキー場は、敦賀より雪質が悪く、湿気だらけ。ここ大山まで来ると標高1700メートル規模もあって、長野、北海道とは違うが、四国からみれば天国。ただ、スキーで滑ったというより、お尻を中心に全身で滑ったという記憶しかない。
米子に来た目的は、議会運営委員会のメンバーで米子市議会の予算審査特別委員会の調査。福井県内でも予算特別委員会を持っているのは、県議会と福井市議会のみ。敦賀市議会も21年度導入を目指したいとの考えだ。予算特別委員会は、国会でもそうだが、予算審査といいながらも市政全般に関する課題を本会議よりも比較的フリーに中身の濃い議論できる。

これが本来の目的だが、一面法律上の問題点の解決でもある。法律上、提出された予算案の一議案は、分割審議ができないにもかかわらず、なぜか全国の多数の市議会は各常任委員会でパート毎に分割審議をし、便宜上、分割的に採決を取っている。一面では違法との見方もあるほどだ。これを是正するためにも予算特別委員会の設置が小さな市議会でも必要と考えている。

ここで、山陰中央新報新聞の3月の記事を取り上げる。『3月定例米子市議会は23日、予算審査特別委員会(中村昌哲委員長)を開き、執行部から提出された2007年度一般会計当初予算案を全会一致で否決した。予算案に盛り込まれた児童福祉手当など扶助費の大幅削減や各種使用料、手数料の値上げなどに対して委員全員が反対。否決を受けて野坂康夫市長は予算案の撤回を表明。議会最終日の27日に新たな予算案を提出する考えを示した。同市議会が本会議や委員会の審議で一般会計当初予算案を否決するのは初めて。』とある。

今年の3月議会で、予算審査特別委員会を設置したばかりの出来事だ。なにも無責任な否決ではない、根拠を明確にし、修正案を市長に再提出させ、採択している。これまでの分割的に審議する常任委員会では考えられないことだ。総括的に議会がまとまって予算を否決することは、全国の市議会レベルでも、敦賀市議会でもほとんどないと言っていいだろう。議会と市長との間に、適度な緊張感が生まれる。 課題の多い敦賀市だからこそ、深い議論と緊張感が必要なことは言うまでもない。

その後、同じ島根県の境港市のシンボルロードとも言うべき、水木しげるロードを視察。水木しげるの鬼太郎モニュメントは、1993年、境港市が主体となって事業を進めた。ロードは設置当初から人気を集め,数年は観光客も上昇しつづけた。また,同時にアーケードの改築・トイレ・ポケットパーク・駐車場の整備なども行われた。

しかし、97~99年には年間45万人~50万人と横ばい状態になり、観光客増加の決め手がない中で、元市役所職員であり,ロード設立に計画当初から関わっていた黒目友則氏が独立。商店主や市民18人とともに株式会社アイズを設立し、以後ロードにおけるイベント企画・販売戦略の中心として活動することとなった。アイズは,「夢のある構想・企画」(市役所職員談)を数多く生み出し,毎月一回という精力的なイベント開催の原動力となる。

水木しげる氏は「地元の人たちの意気込みに、これまでの街づくりの経験が生かせると思う」と話し、キャラクターの使用許可など全面的に協力を約束。妖怪のブロンズ像も100対以上だ。「水木しげる記念館」も完成し現在では年間100万人を超える。わずか800メートルの商店街だが、シャッター街ではない、大半が店を開けた全国でも稀な例だ。鬼太郎グッズ、鬼太郎ビール、鬼太郎饅頭と町おこしは元気そのものだ。これをまねたのが敦賀市のシンボルロード、松本零士の「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」だ。何が違うのだろう・・・。これは後日・・・・。

スポンサーサイト



【2007/11/22】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |