FC2ブログ
律令の昔より「敦賀」の記載あり(正倉院展より)
Date:2018-10-31(Wed)

西川知事は一昨日の定例の記者会見で来年春の知事選挙について5期目を目指して立候補する意欲を示した。、との報道。また、福井県内の県議や市町議員でつくる政治団体「福井県の未来を創造する自治体議員連盟」が10月29日発足し、前副知事での杉本達治氏擁立を目指すとの報道。

と、来春にむけて、知事選や市長選など巷の話題としても取り上げられるようになった。昨日、連合福井の大会で西川知事が来賓挨拶にたったが、来春にむけての話はなかった。労働界は現職優先がこれまでの慣例でもある。


ところで、奈良・正倉院の宝物を紹介する「第70回正倉院展」(主催・奈良国立博物館)が27日、奈良市の奈良国立博物館で開幕した。
先日、友人と共に行って来たが、今年も見応えのある品ばかりだ。

平成最後の開催となる今年は、ヤコウガイや琥珀(こはく)などで花や鳥の文様を表した「玳瑁螺鈿八角箱(たいまいらでんはっかくのはこ)」など56件(うち初出展10件)の宝物を公開。寺院の壁面を飾る銅板の仏像を量産するための「仏像型(ぶつぞうのかた)」は、1946年の第1回正倉院展にも出展された宝物だ。来館者は華やかな天平時代に思いを巡らせながら、数々の名宝に見入っていた。

敦賀の記述もあった。奈良時代の税の取り立てに関する文書だ。大化の改新から701年の大宝律令に至って律令制度(律令国家)が完成する。対外的にも「日本国」という国家形態が成立し、角鹿郡(評)も律令体制に組み込まれ、和銅元年(713年)敦賀郡に改められた。

郡司として角鹿国造が継続したと思われる。敦賀「津」としては奈良時代から平安時代中期以降諸資料に見られる。従って敦賀の地名は8世紀中期以降に定着したものと推測できる。なお、古代律令国家はその権力伸長のため、北陸道の開発、整備を急ぎ、「駅伝の制」を設定した。交通の要地にあった敦賀に古代松原駅(館)が設置された。

毎年は行けないが、継続的に暇を見つけてはいくようにしている。 

スポンサーサイト
【2018/10/31】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |