FC2ブログ
北陸の電力需給
Date:2018-11-04(Sun)

朝夕が寒くなってきた。これに伴い、これから電力需要が増える冬に入る。電力広域的運営推進機関の見通しによると、12月の供給予備率は沖縄を除く全国の平均が10・1%であるのに対し、北陸は4・7%にとどまる。

北陸電力管内の需給がひっ迫すれば、関西や中部などから電力の融通を受けることはできる。北陸電力は火災を起こした七尾大田火力発電所2号機の再稼働を急ぐ。敦賀火力もフル稼働となる。志賀原子力発電所や敦賀原子力発電所。2号が止まったままの現状で、他の火力発電所にも問題が生じると、需給が厳しくなる可能性は否定できない。

最悪の事態を想定すると、電力供給に不安がないとは言い切れない。冬の需要に自前の電力で対応するのが難しい状態は安心できず、供給力の回復は急務である。

 

スポンサーサイト
【2018/11/04】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |