FC2ブログ
滞納者の催促
Date:2018-11-08(Thr)

財政難に陥っている福井市は、財政再建計画の6本柱の一つ、歳入の確保に向けた取り組みを本格化させている。毎年特別対策本部を設置して実施している市税滞納者への催告を、より多くの滞納者に行うため、自宅訪問から電話中心に切り替えるとか。

長年にわたる未利用地や、財政再建計画で民間譲渡・売却・廃止を検討している8公共施設について民間に活用案を募集するなど、あの手この手で歳入増につなげようと躍起になっている。

市役所の中で、割りの合わない地味な仕事だが、大事な部署だ。敦賀市は県下での滞納率は最も高い時期が続いている。税金、国民健康保険税など、従来からあの手この手で取り組んでいる。

理由はいろいろあるが、原子力発電所の建設や定期検査で、土木、建築、電気や機械と多業種の方が移り住み、次の現場へと変わって行く。ある時期、滞納者が多く議員になった頃、相談を受けたことがある。産業構造上、請け負いが二重、三重と重層構造で、二転三転する住居地を探すことが難しく、滞納まま不良債権となったケースがあった。

なんとか探し当てて、長電話でやっと納めてくれたこともあるとか。税金を納めるのはまさ国民の義務である。一方で、所得格差など、払いたくとも払えない高齢者も増えている。そのために生活ができるようにきめ細かく職員も相談に乗っている。福井市の取り組み報道を聴いて、市税の取り立ての現場はもっとシビアだ。

話は変わるが、『男はつらいよ』、1969年から計49作が公開された世界最長の映画シリーズ。情けなくも主人公の寅さんは、人との触れ合いを通して「幸せとは何か」を問い続けた。税金を納めたのか疑問は残る。

『男はつらいよ』は来年末、22年ぶりに新作となって帰ってくる。過去の映像を駆使して登場する寅さんは、平成の次の時代に何を語るのだろう。

今日から29年度決算を議会で審査する。
スポンサーサイト
【2018/11/08】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |