FC2ブログ
「子育てサポートあっぷるぶっく」と「イクボス」
Date:2018-12-05(Wed)

先日、ある転勤者の奥さんから敦賀市「子育てサポートあっぷるぶっく」を誉めていただいた。妊娠期からお子さんの就学期までに必要な健診や手続き、子育てに関する制度や相談窓口、また様々な子育て施設の情報を、分かりやすくまとめたガイドブック。

まっ赤なりんごの表紙も愛らしい。ユダヤ人に少年が「りんご」を差し出したという『人道の港敦賀』のエピソードをもとに「りんご」に込められた「やさしさ」を子育て支援に受け継ぎを目指す表現とか。

ところで最近は子育てを積極的に楽しむ意味合いが強い、イクメン。男性の育児と仕事の両立を推進する厚生労働省のプロジェクトが一気に認知度を上げた。
さらに、イクボスという言葉があるとか。子育てや介護、地域活動などに取り組む部下の人生とキャリアを応援しつつ、組織として業績や結果を出す上司を指すとも。経営者や管理職自らもワークライフバランスを楽しむのがポイントだ。

福井県では坂井市にて市長・教育長・商工会議所会頭ほか市内39事業所がイクボス共同宣言をしている。

いまや、出産後も働く女性が7割を超え、敦賀市も共働き世帯が多い。個人に求められがちな両立の現状を、多様な働き方実現と組織の持続的な成長へと意味を捉え直したい。

イクボスは部下、組織、ひいては地域社会を育てる存在だ。イクボス10カ条というのがある。その一つは「隗(かい)より始めよ」。
スポンサーサイト
【2018/12/05】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |