FC2ブログ
財政難による福井市の時代行列の中止
Date:2018-12-30((Sun)

戦国武将などにふんした市民が福井市中心部を練り歩く「越前時代行列」は福井市の財政悪化に伴う予算縮減などのため来年春は中止されることになった。実行委員会の苦渋の選択だろう。まさに市民が主役の祭りであった。


「越前時代行列」は、3月から4月にかけて福井市で開催される「ふくい桜まつり」の最大の呼び物で、敦賀市でいえば、敦賀まつりを中止するようなもの。惜しむ声もある一方、祭りは年々、あり方も変わり、財政難が最大の理由だが、福井市の時代行列もマンネリ的な課題もあった。

マンネリと言えば「インフルエンサー」「あなたの好きなところ」「Unfair World」。過去3年の日本レコード大賞受賞だが、関心もなければ曲名も聞いた程度で知らなかった。平成最後の大賞は、今日30日に発表される。知っている曲だろうか。


私の若い頃の71年の「また逢う日まで」、76年の「北の宿から」などなど、歌手も歌詞も知っていて、口ずさめる。

レコード大賞は、今年で60回の節目を迎えるとか。年末の恒例行事として次第に浸透し、69年にはNHKの紅白歌合戦と同じ大みそかの生放送が始まったとも。

90年代、つまり平成に入ってからは世代の違いもあろうがというより時代の変化ではないか。歌謡曲全盛時代を生きた私には寂しいというより無関係になっている。古いのか、子どもからお年寄りまで、誰もが知っているようなヒット曲が現れなくなったのも時代の多様化か。

時代の変化、マンネリそして福井市の財政難の祭りの中止と、考えさせられる。

スポンサーサイト
【2018/12/30】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |