FC2ブログ
「人道の港 ムゼウム」の移転拡充案を賛成多数で可決
Date:2019-01-09(Tue)

「人道の港 ムゼウム」の移転拡充問題で管理費の収支赤字の削減を1220万円圧縮する再提案で臨時会が昨日、開かれた。

10時の本会議から予算決算常任委員会、午後4時半再開の本会議、提出された案を賛成多数で可決。午後5時に全での日程が終了。

議会冒頭、提案理由で渕上市長が「『ムゼウム』は北陸新幹線開業の受け皿として必要不可欠だ」と述べ、事務管理費の削減や広告収入などで赤字額を1220万円圧縮するなどとした提案があり、私はこれを評価し賛成した。

市では今後、移転後の「ムゼウム」を指定管理方式にするか、市の直営方式にするかなど運営方法について有識者などと協議した上で、今後の運営にあたる。

昨日の予算決算常任委員会の分科会で、金ヶ崎周辺整備計画の中でのムゼウムの存在や相乗効果やムゼウム本体建設費用など、まだまだ検討しなければならない課題は多い。

飛躍かもしれないがパスカルの言葉で「人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である」と言って、思考する存在としての人間の偉大さを言い表した。

全体計画はまだまだ不透明な部分が多いが、国の景観刷新まちづくり支援を受ける敦賀市の立場で今回の否決は全体計画の中核だけに金ヶ崎周辺整備がすべてなくなるといっても過言ではない。

考えながら走りながら、計画、設計、実施もありうる。そこには財政事情予算獲得という難しい局面を考慮しながら関係者の今後の計画立案に期待する。

なお、昨日のブログで国境スキー場の営業が停止されたと書いたが、いま、中止することなく盛況に営業されている。昨日のブログを一部訂正し、お詫びします。
スポンサーサイト
【2019/01/09】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |