FC2ブログ
平成の新成人
Date:2019-01-16(Wed)

成人式を迎えた新成人と話をする機会を得た。意外に失礼だが明るくしっかりしている。

新成人いわく、「ある新聞で新成人が[将来に希望を持てない]と書いていたが大人の論理で語らないでほしい」とのこと。

確かに新成人が生まれた1998~99年は、バブル経済がはじけ、日本が暗いトンネルの中でもがいていた頃。景気は一時、持ち直したが、リーマン・ショックで世界は同時不況に陥り、敦賀市は東日本大地震の影響を受けて、8年近く景気や雇用、人口減少が続いている。

余談になるが、昨年12月28日現在の敦賀市の人口は6万6千人ちょっきり。これを切るのも時間の問題だ。

「失われた20年」から経済成長はずっと続き、今日より明日の方が給料は上がり、暮らしは良くなる。そう信じて走ってきた我々、昭和世代の「昭和」の価値観は崩れた、と語るが、ホントにそうだろうか。

この間、人口は減り、高齢化が進み、それが「平成」という時代というだけで片付けられない。。

古いが、私の好きな宮崎駿監督のアニメーション映画「紅の豚」の主人公が操縦する飛行艇は木でできていた。その図面を見た若い女性設計士が驚く。

「木の性質をよく知ってる」と。

私には見えないが意外に新成人に「しなやかさと強さ」が備わっているように思う。看護大学でアルバイトをしながら苦学生として大学生活を姿がある。









スポンサーサイト



【2019/01/16】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |