FC2ブログ
認知症における判断能力う
Date:2019-03-02(Sat)

今日も春の陽気。西浦の梅の農園も白い花でほぼ満開。気象台が発表した長期予報によると、北陸地方の3月からの3か月間は、暖かい空気に覆われやすく、気温の高い日が多くなりそうとか。冬が雪が少なかっただけにありがたみがうすい。


ところで、ある老夫婦から認知症による判断能力が低下などで財産管理や契約などで困ることはないだろうかと行政の窓口について相談を受けた。敦賀市地域包括支援センター「あいあい」で相談にのってくれる。

認知症患者や知的障害者ら意思決定が困難な人たちを法的に支援する仕組みが成年後見制度だ。元気なうちに将来に備えて決めておく任意後見と、既に判断能力が不十分な人を援助する法定後見がある。

2025年には65歳以上の5人に1人、700万人が認知症になるとの推計がある。父母やパートナーが患うかもしれない身近な問題だ。自己決定の尊重を踏まえつつ、誰もが安心した生活を送れるよう、知識を深めたい
スポンサーサイト



【2019/03/02】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |