FC2ブログ
四国遍路とショーケン

Date:2019-03-31(Sun)

四国遍路の目的は、健康祈願、自分探しや開運・縁結びなど、まさに様々。よしわるしで判断はないが、健康ブームなどいい面ばかり取り上げられることが多いが、人生の辛さや悪行をを弘法大師と歩いて洗い流すという人など、それぞれだ。

古い話だが、ひもとくと、1966年四国遍路の帰途、船上から瀬戸内海に消えた市川団蔵の投身自殺を社会面のトップで4段・5段抜きの大見出しで報じたこともあった。。

有名人で首相を辞めた後の四国遍路の菅直人元首相、大麻など生活面での悪行を洗うようにショーケンこと萩原健一さんも四国遍路を行っている。

ショーケンが突然逝った。昭和から平成にかけ、グループサウンズやソロシンガー、テレビドラマや映画での活躍は、同時代を生きた身にはまぶしかった。

型破りで不良っぽいが、純粋で憎めない。「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事や、「傷だらけの天使」の修に、心をがっしりつかまれたファンは多かった。

薬物などでの逮捕や女性遍歴で世間を騒がせた。意外に知られてないが瀬戸内寂聴さんと仲がよかった。あまり変わらないし、成長しない。

40代には四国遍路を始めテレビに映った。やや穏やかな顔になった晩年も、ショーケンらしさは抜けなかった。病との闘いを公表せず、どこか印象に残る俳優だった。

スポンサーサイト
【2019/03/31】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |