FC2ブログ
市長候補の公開討論会

Date:2019-04-12(Fri)

昨日11日に開かれた「敦賀市長選挙公開討論会~市民が見つめ直すまち敦賀~」で、市長選立候補予定者の渕上氏と米澤氏とコーディネーターによる進行のもと、決められた3つのテーマについて、 パネルディスカッション形式の討論会を行い、各テーマにおいてクロストーク。

また、3つ目のテーマに関しては、今年度選挙権を得る高校新3年生と、選挙権を獲た新しい年齢層(18歳と19歳)、 20代の若者のアンケート公募により決定している。
・テーマ1・「人口減少問題について」
・テーマ2「新幹線延伸以降の魅力あるまちづくりについて」
・テーマ3「若者が住みたくなる町にするには」

午後7時から午後9時近くまで、青年会議所による整然と紳士的な取り組みのもとに飽きることなく時間が過ぎた。

渕上氏、米澤氏の語りは割愛するが、両氏とも答弁にそつがなく優等生的とも言える。勝負は五分五分と言える。ただ、感じるのはチャレンジャーである米澤氏の語りはある意味、挑戦的な箇所も感じられるが、その程度で、もう少し赤裸々とは言わないが、市議時代の議会と市長のやり取りを語っても良かったように感じる。
もう一歩、述べると米国の大統領選の討論に近い、議論の企画があっても良かったと思う。

いずれにしても、8年ぶりの市長候補の公開討論、プラザ萬象の会場は満員800人の内、600人近くは集まったのではないか。青年会議所の有意義な企画と運営にあらためて敬意を表したい。

スポンサーサイト
【2019/04/12】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |