FC2ブログ
市長選、あと2日、冷静な判断

Date:2019-04-19(Fri)

敦賀は、近年、原子力発電所、もんじゅなど原子力、もう少し過去には東洋紡工場などの大型事業拠点の誘致や、JR北陸トンネル建設工事、高速道路建設工事など、地の利に恵まれた外部からの経済効果で栄えてきた経緯がある。

その反面、これら外部要因が地元資本企業の自立的な成長には阻害要因となって作用してきたことも反省材料として認識されて久しい。

北陸新幹線開業後、どうなるか、。JR直流化け後、数年は観光客が増えたが、長続きしなかった。

敦賀市の重要なテーマと向き合うとき、渦中の人より少し離れたところにいる人の方が冷静で的確な判断ができる。

確か、g司馬遼太郎さんが小説「坂の上の雲」で、そんなことを書いている。日露戦争時、ロシアの大艦隊が通るのは対馬海峡か津軽海峡かの激論についてである。その通りになった対馬説を唱えたのは「作戦中枢から遠い場所」にいた参謀たちだ。客観的に判断できた、と司馬さんはみる。

同じような見識や経験を持ち合わせても、立つ位置が違ったら見えるものまで違ってくるということか。

市長選も後2日、昨年、引っ越してきたある市民は公開討論会から個人演説会と両候補の主張を聞いて判断するという。これまでも聞いて両候補の政策、主張、考えに明らかに違いがあるという。今日もある候補の個人演説会に行くとか。これが、
しがらみのない本来の判断かもしれない。

スポンサーサイト



【2019/04/19】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |