FC2ブログ
芭蕉は敦賀では二の次

Date:2019-04-21(Sun)

市長選も今日が投票日。渕上カラーの青色、米澤カラーの黄色の旗が林立し、それぞれのジャンパーを着てのお手ふり、まさに激しい「陣取り合戦」の様相だ。

久しぶりに敦賀市を二分しての論戦も同じようだが興味深かった。各陣営、よく闘ったと評価したい。

ところで、敦賀を訪れた有名人で松尾芭蕉がいる。大谷吉継などテレビやアニメで取り上げられ脚光をあびるが、芭蕉はその影に隠れているような感じだ。

芭蕉の後半生を旅に明け暮れた。平安末期の歌人西行や中国の詩人杜甫の生きざまにならったとされるが、親しく交流のあった禅僧仏頂の影響も大きかったとも。

最後の訪問地、敦賀での俳句もいい。5年ほど前に「おくのほそ道」つるが芭蕉紀行全国俳句大会を開催した経歴もある。。
芭蕉が奥の細道紀行の中で、最後に滞在、敦賀の作句を楽しんだ。それだけに新たな文化交流施設の整備も議会で話題になるが建設費用など具体策はい

今年は芭蕉が東北を旅してから330年。各地で記念の講演会や展示などを予定している。

敦賀市にはそんな話題はいまだにない。やっぱり二の次か。


スポンサーサイト
【2019/04/21】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |