暑さと熱さ
Date:2010-06-13(Sun)

昨日の日ざしは強かった。最高気温が30度以上の真夏日となり、ことし1番の暑さを記録したとか。早朝、西浦から市内と自転車を走らせたが、肌にじりじりする感覚は懐かしくさえ思った。

午前中は、原口大臣、ヤワラちゃんこと谷口亮子さんの福井入りの準備で嶺北に出かけた。千円効果も切れ始めたのか、昨日の高速道路は、いつも休日に比べて交通量は少ない。サンドーム福井での原口総務相は越前和紙の名刺の話から切り出した。一枚あたり50銭が障害者の施設にあてられるとか。話はなかなかうまい。警察官派出所の増強の必要性や、郵便局の振り込み詐欺の少なさは、人の顔が見える距離とわかりやすく郵便局の存在意義を説いた。そしてなにより、地域主権の必要性を改めて強調。

やわらちゃんは、まだまだ話は、通り一辺倒だが、聴衆は、ひと言ひと言を食い入るほど、新鮮さと魅力を持っている。人気はさすがだ。鯖江の柔道教室は子ども達の声援で包まれたとか。「現役のスポーツ選手の国会での活動にこだわりたい」との言葉が、印象に残った。参議院選挙を前にした空中戦は、昨日の福井の野田財務相、19,20日の大野の馬渕副大臣でほぼ終わる。昨日の暑さが、選挙戦の熱戦とは、まだつながっていない。越前市議会議員選挙も7月11日の同日の投開票とほぼ決まった。この方は、各陣営もう臨戦態勢に入っている。

夕方、大阪の友人から上海万博の報告があった。「ただただ広い」と。甲子園球場が80個ほど入る広大な敷地。端から端まで歩いたが、足腰が痛くなったと。広すぎて大阪万博ほど人の混みようではないが、日本館の人気は抜群で、5時間待ちの長蛇の列とか。それでも気候は日本よりははるかに暑い。

夜は、バーベキューに誘われ、暑さと言うか、気持ちよく酔いが回った。深夜は、熱いワールドカップのサッカーで、ついついテレビを見てしまう。
スポンサーサイト
【2010/06/13】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |