温暖化の矛盾
Date :2017-08-07(Mon)

昨日の日本海洋少年団の全国大会の閉会式も暑かった。冷房のない体育館に630名、汗が吹き出た。台風の影響は風くらいでほとんどない。

ところで、福岡にきて4日目。クマゼミのシャシャの鳴き声でおこされる。福岡など西日本の都市ではクマゼミが著しく増えており、同時に分布域も東へ北へと拡大しているという報告がある。クマゼミ増加の原因は、温暖化にともない冬の寒さが緩和されたせいなのか。

はたまた乾燥が進んだことが原因なのか、地道な調査・実験から温暖化との関係の研究が進んでいる。とにかく暑いの連続だ。温暖化は明らかににんげんの仕業。トランプ大統領はアメリカファーストで温暖化を否定。矛盾に満ちた社会。

矛盾の中に生きていて、昨日は、広島の原爆の日。いまだに影響は残る。オバマ前大統領。昨年、歴代大統領で初めて被爆地・広島を訪れて「核なき世界」を訴え、被爆者と抱き合った姿は、実に美しかった。

が、あの時、オバマ氏は「核のボタン」を携えてもいた。実際にはボタンではなく、発射に関わる書類を収めた革のかばん、通称「核のフットボール」である。同行の米兵に持たせていた。被爆地に核のボタンを持ち込んでおきながら、「核なき世界」を訴える−。

これも矛盾。

先月、国連で採択された核兵器を非合法化する条約に「ヒバクシャの受け入れ難い苦しみ」が記されたが、当の日本は参加しなかった。米国の「核の傘」に頼る立場に反するからだ。唯一の被爆国が核に守られる現実もまた、皮肉な矛盾である。

台風を追いかけて今日、帰敦する。



【2017/08/07】 | ページトップ↑
福井の最低賃金
Date :2017-08-06(Sun)

台風の影響を受けた福岡は暑い。日中、37度はまさに猛暑だ。8月5日から3日間、福岡で第53回日本海洋少年団全国大会が開催され、国内から47団、海外から4団の合計51の海洋少年団が参加した。大会には名誉総裁を務める高円宮妃久子さまと三女の絢子さまが出席された。団員、指導者等の参加者は約700名。海外からは、英国、カナダ、香港から来られたいた。

5日は、手旗競技、基本動作競技、ロープワーク競技が行われ、6日のカッター競技は台風のため中止となった。それぞれの競技で団員達の日頃の訓練の成果が競われた。 
ところで、今年度の県内の最低賃金について検討してきた福井労働局の審議会は今より24円引き上げて時給778円にすべきだとする答申をまとまった。

24円の引き上げ幅は最低賃金を時給で示すようになった平成14年度以降で最も高くなっている。一方4日の審議会では労働組合側の委員から近隣の府県に比べて福井県の最低賃金が低いことから賃金が高い地域に働き手が流出してしまうという懸念の声もだされたとか。

最近、賃金格差を理由に現実、大阪、名古屋に職を求める若者も多い。
【2017/08/06】 | ページトップ↑
夏祭り、盆踊り、気比さんまつり
Date :2017-08-05(Sat)

姉妹都市水戸へ交換使節団が朝、敦賀をたった。その後、海洋少年団は反対方向の福岡にむけてたった。いま、敦賀でもちいきの夏祭りが本番だ。全国では夏祭りから盆踊りとなり、9月には気比さんまつりを迎える。

盆踊りで好きなのは、えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…と唄われるよしこののリズムで知られる四国の阿波おどりが、これから本番となる。日本三大盆踊りであり、江戸開府より約400年の歴史がある日本の伝統芸能のひとつである。夏季になると徳島県内各地の市町村で開催され、なかでも徳島市阿波おどりは踊り子や観客数において国内最大規模である。

東北でも祭りが本番となる。華美になった理由はもう一つある。荒々しい悪鬼をしずめるための手段。夏はもともと害虫や風水害が多い季節。加えて人口が増えた都市では伝染病も怖い。祭りはこうした災厄をはらう願いから生まれたとか。

そういえば、盛岡さんさ踊りの由来は悪鬼退散。青森ねぶた祭は無病息災を祈るみそぎ。秋田竿灯(かんとう)まつりも病魔や邪気を払う行事だ。

仙台七夕まつりも同様だが、豊作や好景気の願いも込める。東北の夏祭りが本番を迎えた。各地でゲリラ豪雨が相次ぐ。大地も不気味なうなりを響かせている。

これからは台風シーズン。海洋少年団の競技も今日から、カッターレースは中止となった。
九州、四国、東北、敦賀の列島の安寧を祈りたい。
【2017/08/05】 | ページトップ↑
迷走台風、進路を決めたが?
Date :2017-08-04(Fri)

日本列島のはるか南で先月21日に発生し、行きつ戻りつしていた台風5号。とうとう北西寄りに進路を決めたか奄美大島方面に近づきつつある。海上で長く蓄えた勢力は非常に強く、要警戒だ。迷走台風も進路を決めると怖い。

今日、全国大会のため敦賀海洋少年団の引率で九州福岡にむかう。心がけが悪いのか、日曜日当たり直撃か。

迷走といえば昨年8月末の台風10号が記憶に新しい。天気図上をふらふらとUターンするや、進路を決めると、にわかに北上。統計のある1951年以来初めて、東北の太平洋側に上陸した。岩手県岩泉町の施設では入所する認知症の高齢者9人が、なすすべなく濁流にのまれ命を落とした。

ところで、安倍政権はどうか。暴言失言や不祥事が連鎖、不信を招いた疑念の雨雲もまだまだ晴れない中、迷走のなかの昨日の内閣改造である。梅雨明けの晴れ晴れとした夏空は望めるか。記者会見、頭を8秒下げての仕事人内閣とか。これも前途多難か。

いずれにしても、ようやく梅雨が開けた。ただ、暑さも地域差がある。厳しい暑さの表現はさまざまだ。前にもかいたが、四国の瀬戸内側では、瀬戸の夕なぎは暑さの代名詞になっている。これは風が止まることに由来する。今日からは台風の強風に立ち向かう。はたしてどうなるのか、前途多難。

いっぽう、英語では猛暑のころを指す言葉として「犬の日」というのを思い出した。つまり「dogdays」。昨日、犬が舌を出してあえいでいるような表情で散歩していた。犬にとっても前途多難な暑さ。

書きながら眠っている。今日はこれまで。今日もご安全に‼




【2017/08/04】 | ページトップ↑
いつになったら工事に着手できるのか❗(笙の川整備)
Date :2017-08-03(Wed)

昨日も暑かった。市役所で笙の川整備促進協議会 議員説明会、代表者会議と続いた。

ところで、今年7月の九州北部を中心とした大雨により被害など、近年、台風の大型化や気候変動の影響を受け、大雨による河川氾濫や浸水、地すべりや土石流が増加傾向にある。ただ、その災害、被害は、近年の豪雨状況から、予想できたり、指摘された箇所も多かったとも伺った。笙の川の状況も目に見えて水位は増え、災害の危険性が、指摘されて久しい。いつ災害があっても不思議でない。

昨日の午前中は笙の川整備促進協議会。なかでも笙の川の整備は検討結果が出され、事業の進捗を県土木事務所から説明してくれるた。まずは手始めとして来迎寺橋の検討、設計は進むものの、いまだに工事の目処はたっていない。調査、設計と進めば、次は工事と思うが、予算がつかない以上着手できないのが、行政、まさにお役所仕事だ。

工事にいつ着手するのか、「慎重にすすめる」との答弁のみで、目処がたたない。もう何年、同じことが繰り返され、月日だけが流れる。

なぜ、できないのか、できないのらできない理由を明確にすべきであり、九州の豪雨もそうだが、指摘されていた橋梁が被害にあい堤防の決壊につながるなど、いつ起こっても不思議でない、待ったなしの状況が続いている。来迎寺橋のかさ上げは、整備の始まりに過ぎない。

また、笙の川に溜まる土砂の動態調査を27年度から開始をしているものの、いまだに調査結果がまとまらない。笙の川上流部の土砂発生状況、河口部の離岸堤との関係など、土砂の滞留要因が、近年の洪水氾濫にも影響している。毎年の経年変化も大事だが、これまで定量的定性的な調査は今回がはじめてとも理解できるが、これもお役所仕事と言うのだとつくづく思った。


まったく話は違うが、政治の仕事でふと思い出したことがある。2002年9月の小泉純一郎元首相の北朝鮮電撃訪問である。それも結果を出している。会見で小泉首相はニコリともしなかった。拉致被害者8人死亡の情報を聞き臨んだ会談で北朝鮮を厳しく非難。午後の会談で当時の金正日総書記は拉致を認め謝罪した。

小泉氏は会食も断り、持参したおにぎりを食べた。2年後の再訪朝で拉致被害者家族5人を連れ帰った。いまでは考えられない外交サプライズだった。その後、拉致問題はいっこうに進展しない。評価は様々だが、やればできる、これが政治の駆け引きだとも思った。


【2017/08/03】 | ページトップ↑
高齢者の自主返納
Date :2017-08-02(Wed)

昨日も暑かった。運転免許の自主返納で、敦賀市では返納者に2万円のバスとタクシー利用券が与えられる。とはいっても、高齢者二杯酢悩みの種だ。

免許更新時の試験も前日、眠れなかったとか。もし免許がなくなったら、独り暮らしのため市内に転居しようか、とも考えているとか。3月の道交法改正で強化された認知機能検査が、自分の運転を見直す契機になっているようだ。

重大事故を起こす前に自ら卒業する。賢明な判断に違いない。「運転を続けるのは危ない」と自覚するなら、迷わず返納すべきだが、そう簡単な問題でもない。。

頭でわかっても、地方では自家用車はまさに足だ。返納が日常化され、社会的な圧力が生まれないか、心配している。

「高齢者は運転するな」公共交通機関がコミュニティバスだけでの敦賀市では難しい課題も多い。車を失えば、住み慣れた場所を離れなければならない事態もあり得る。

過疎にも拍車がかかるだろう。自主返納による特典には限りがあり、お年寄りには生きづらい高齢社会となりそうだ年を取るとはこういうことと、諦めないといけないのだろうか。そうとも言えないようである。

自動ブレーキなど、老化に伴う身体機能の低下を補う技術が次々と開発されている運転可能な車を先進安全技術が搭載されたものに限定したり、時間や地域を制限したりする「限定条件付き免許」の導入を、警察庁が検討している。

欧米を中心に、既に取り入れられている制度だという事故防止対策は重要だが、まだまだ安全運転が可能な高齢者の移動手段まで、奪うことがあってはならない。難しい課題だ。
【2017/08/02】 | ページトップ↑
エネルギー基本計画と敦賀3,4号新増設
Date :2017-08-01(Tue)

異常な暑さが続いている。いその暑さにたっぷり湿度を含ませた気候がいまだ。しばらくの辛抱と思うが暑い。

昨夜は連合福井嶺南協議会と「渕上市長と語る会」。
働き方改革、人口減少対策、新幹線対応、まちづくり、観光政策と、質問は多岐にわたった。なかでも、敦賀3,4号の建設問題で、国のエネルギー基本計画が見直し時期を迎え、新増設の扱いが注目される中、市長は中断している敦賀3、4号機の増設計画について、

エネルギー基本計画の中で新増設の位置付けを明確にするよう、全国原子力発電所所在市町村協議会(全原協)で国に要望する考えを議会答弁と同じように答えた。

全原協として福島の復興と合わせて国に要求していくこと、経済産業省の要望も大事だが、今は推進議員への働きかけを重要視しているとも語った。

これまでも、3、4号機に絞って要請することは現時点で差し控えたいと、しながらも結果として、3,4号が最初の新増設になる可能性は高いとも語った。

国のエネルギー基本計画はこれからが正念場。敦賀市にとって先送りはきびしいだけに市長の頑張りに期待したい。


【2017/08/01】 | ページトップ↑
つるべ落とし
Date :2017-07-31(Mon)

昨日は、午前中、今週末開催の中央町まつり準備と昼は海洋少年団のカッターの片付けてなど、一日が過ぎた。夕方、西浦に落ちる夕日は美しかった。

夕方、一日、外でいると感じるのは早いが昼間が短くなっていることだ。今日で7月は終わるが、早いが「秋のつるべ落とし」を感じる。

ところで、ニュースで報じられる8月3日に予定される内閣改造で安倍首相は力を取り戻すのだろうか。失敗すれば、酷暑の中、首相官邸だけ秋が深まる。「つるべ落とし」とも言われるがどうだろう。

安倍首相の私には印象が深い。2002年、小泉純一郎元首相が拉致問題をめぐって訪朝した際、官房副長官の安倍首相は、さっそうとしていた。言葉は適切かどうかは別にして胆力があるという評価があった。これで総理への道が開けた。

総裁選などでも、ライバルの失速でトップの座を手に入れた経緯がある。また、「加計学園」問題に関する国会の閉会中審査でも、獣医学部の新設計画を知ったのは今年1月20日だと主張して譲らなかった。過去の答弁とは矛盾するのだが。

こうした強気の政権運営は「安倍1強」と呼ばれ、これまでは内閣支持率も堅調だった。内容を見ると、20代、30代の若い層の強い支持が貢献していることが分かる。

若い層は、強さを肯定的に評価し、支持層に加わっている。我々世代も同じだが、団塊世代が、自らの体験から「若者=社会批判層」と考えると、その想像は裏切られる。

ただし、ここに来て支持率が低下している。第一の原因は、若い層を中心に女性の支持が急落していることだ。

いっぽう、北朝鮮のミサイル発射後、インターネットの掲示板には、安倍首相らが深夜に対応した努力などをたたえる意見が並んだ。負け惜しみではないが、民進党のネットでの書き込み、評価は低い。

暑さまっさかりだが、政治の世界はもう秋が近づいているように感じる。


【2017/07/31】 | ページトップ↑
政治家は次の時代のことを考える。政治屋は次の選挙のことを考える。
Date :2017-07-30(Sun)

昨日の昼、図書館で気比史学会の市民講座、外岡慎一郎さんによる「20世紀の敦賀~未来世代に語り継ぐために」を拝聴した。20世紀の敦賀は港町、産業都市、そして原子力発電所と生活の糧を継いできた。いま、敦賀も原子力発電所に長期停止で悩んでいる。

ところで、有名な格言がある。「政治家は次の時代のことを考える。政治屋は次の選挙のことを考える」。今の国会に政治家は何人くらいいるだろうか。民進党のゴタゴタもそんな場合か、とも思ってしまう。

船を岸につなぎ留めることを「もやい」という。船と船がつながっていたり、2人以上の者が共に仕事したりする時もこの言葉を使う。漢字で「舫い」と書く。

その字を使った民進党の蓮舫代表が辞任の意向を明らかにした。名の通りに、党の運営を港のごとくどっしり構えてやりたかっただろう。だが、多くの船は勝手気ままに漁へ出掛け、岸壁の舫いぐいにロープを巻いてくれなかった。

記者会見で印象的な言葉で「遠心力を働かせてしまった」と寂しく語った。遠心力と求心力は本来、同時に働く。

国民に向け、与党との対立軸として明確な大漁旗を掲げようとしたものの、結局かなわなかった。原子力政策もゼロ法案にも反発を招いた。私もなぜ、ゼロ法案にこだわるのか、議論を尽くさないまま、求心力をなくしたとも思える。原子力発電所の立地地域では到底、信が得られない。

出直しが急務の民進党からも「誰が代表でも党再建は難しい」と弱気な発言が漏れる。自民党も民進党も有権者の信を失いかねない。いま、敦賀市も雇用面も含めても、このような求心力をうしないつつある。
【2017/07/30】 | ページトップ↑
健康管理と土用
Date :2017-07-29(Sat)

昨日は、嶺南広域行政組合議会の代表者会議。若狭路も暑い。
会場はパレア若狭。社会福祉協議会、図書館などの複合施設だ。なかでもフィットネスパレア若狭では、安全で効果的な健康・体力づくりができるジムがある。体力・目的に合った運動プログラムを提供して、個人の健康管理ができるように、指定管理者のミズノ専属トレーナーがサポートしている。

若狭町以外の方も利用できる。全国的にも図書館の民間の指定管理化など、多くがないが、これまでにない発想で公共施設が変化している。スポーツジムの健康管理面でのスポーツジムもひとつの利用方法だ。

ところで昨日も30度を超えていた。土用も本番。夏季は期間中のうしの日にウナギを食べる習慣が有名だが、ほかに土用干しや土用波という言葉もある。太平洋側ではこの波が怖い。土用波は遠くで発生した夏台風から寄せてくる高波。四国の高知で泳いでいたときに漁師からその怖さを教わった。

天気が良いからと気を許していると事故に遭う。そんな危険を教える格言でもある。実際に今も台風5号が列島の遥か東南海上にあって、迷走しながら月末にかけて西進。また南方では9号がゆっくり台湾に近付いており、太平洋側では各地でうねりが高い状態が続きそうだ。

現代ではあえて観天望気に頼らなくても、台風の動きを逐一観測し、予測することで風雨や波浪による被害をある程度は防げるようになってきた。それでも災害は起きる。被害を減らすには、さらに予報精度や広報力を高める努力が必要だが、同時に一人ひとりの心構えも問われる。天災は忘れたころにやってくる…という心の隙が怖い。

夏休みに入り、敦賀では浜辺に遊ぶ機会が増える季節。海難事故も増える。最新技術による情報はもちろん、古来の知恵も心に留めて、日ごろの健康管理はもちろん、夏の土用を安全に過ごしたい。
【2017/07/29】 | ページトップ↑
前ページ | ひとことトップ | 次ページ