FC2ブログ
次の大きなテーマが北陸新幹線敦賀開業後の並行在来線

Date:2019-03-13(Wed)

昨日は松陵中学の卒業式と議会の今期最後の新幹線対策特別委員会。この4年間で敦賀駅周辺の東西のほぼ全容が明らかになった。あらため新幹線に関する市の都市整備部の企画、立案から構想策定という最も重要な作業を成し遂げたことに敬意を表したい。

なかでも敦賀駅西でぽっかりと大きく空いた土地活用構想が最大のテーマだった。経過として、平成24年度に一度計画したが、しかし、東日本大震災発生以後の市の財政状況が厳しくなるなど、見直しを余儀なくされた。

そこで、敦賀駅西地区の土地活用エリアについて、市の財源投入を抑え、民間活力を最大限に活かした利活用の可能性を検討するため、民間事業者との直接対話を通じ、利活用のノウハウ・アイディア等の提案を受けとり、ホテルや従来にない図書館スタイルなど民間資本投入した画期的な構想がまとまり、すでに立体駐車場がその姿を表している。

次の大きなテーマが北陸新幹線工事の完了と北陸新幹線敦賀開業後の並行在来線(現北陸線)の運行だ。通勤・通学客の利便性を確保するため、厳しい人手不足の中、第三セクター要員の早めの確保に向け、2020年度に予定していた準備会社設立の前倒しとなった。も次ぎに、収支予測調査・経営基本調査結果を反映した「経営・運行の基本方針案」の策定と、利用者の利便性と厳しい経営環境という厳しさが予想される。
金沢以東を運行している三セクのIRいしかわ鉄道など並行在来線の運行に石川、富山の県民から不満の声が多い。

石川県境から敦賀までの79・2キロは県内の三セクが引き継ぐ計画。両鉄道の相互乗り入れに向け、初乗り運賃の二重加算で値上がりしないよう、乗り継ぎ割引の導入も検討されている。

三セク準備会社設立の前倒し検討は、人手不足の中で100人程度の新たな要員を早めに確保し、JRで十分な実務研修を積んでもらうのが狙いという。

いずれにしても、北陸新幹線開業まで4年。大規模な工事も本格化し、これまで大きな事故もなく進み、また、地元説明会などきめ細かく行って、疑問や不満にも適切に対応しているとことに敬意を表したい。




 

【2019/03/13】 | ページトップ↑
防災教育しても被害にあった。歴史は繰り返す。
Date:2019-03-12(Tue)

阪神淡路大震災ともに記憶に残る大災害。昨日11日で発生から8年となった東日本大震災では、死者・行方不明者が2万2131人(震災関連死含む)に上り、今も5万人以上が避難を続けている。

この日、敦賀市でもは発生した同時刻にサイレントを流して犠牲者に思いをはせて私も手を合わせた。

テレビ報道で、

「一、 大地震の後には津浪(つなみ)が来る」。岩手県宮古市田老地区 の田老第一小学校裏にある碑に刻まれた警句の一文だ。建立は昭和8年の三陸大津波が町を襲った翌年である。

70年後、旧田老町は「津波防災の町宣言」を出す。そこにもある。「多くの教訓を常に心に持ち続け、近代的な設備におごることなく~」。二度と悲しい思いをしたくない。度重なる津波被害に遭ってきた町が「万里の長城」と呼ばれる防潮堤を整備し、避難訓練もしていた。

にもかかわらず8年前、津波は防潮堤を越え、多くの命を奪った。あの日を思い出すのは辛く、引きずっていては前へ進めないが、人々は一層「防災教育」に力を入れるようになる。
悔やんでも悔やみ切れないからだ。逃げる時間があったのに、直前まで逃げない人がいた。防潮堤に守られているという過信だった。

歴史は繰り返すが、平穏な日に慣れると人は慢心する。今日で震災から8年。教訓を深く刻む日である。

敦賀市は大きな災害のない地区、だが笙の川も危ない。防災を小さい頃から学ぶ大事とも。













【2019/03/12】 | ページトップ↑
東日本大震災から8年。
Date:2019-03-11(Mon)

県議選、市長選の事務所がほぼ出そろった。いよいよ地方選の第一幕があく。ところで、今日で東日本大震災から8年。二度目の地方選でもある。敦賀市にとっても大きな影響を受けた。福島の事故学校での大きな影を落としている。風化というよりも、大きく重しのような荷物を背負ったような重苦しさがある。これほど影響するとは思わなかったのが正直な気持ちだ。

気持ちを切り替えよう。イチゴが旬を迎えている。市内のスーパーの売り場は各産地のイチゴが並び、目にも鮮やか。いつか、白いイチゴを見たときは驚いた。

白いイチゴは近年人気が高まっており、各地で品種開発が盛んに進められている。「パールホワイト」(奈良)、「雪うさぎ」(佐賀)などネーミングでもアピールしている。

なかでも報道で、東日本大震災でイチゴ農家が被害を受けた宮城県山元町で先月、農産物直売所「やまもと夢いちごの郷」がオープンした。買い物客で混み合う店内には、昨年デビューしたばかりの新品種「にこにこベリー」。

宮城県が12年かけて開発した品種で、果実は断面まで鮮やかな赤色で、パフェなどのスイーツ需要もある。。復興に向けた関係者の努力がいまも続く。

福島の事故に戻すが後始末もまだまだ緒についたばかり。敦賀からも多くのものが働いている。
【2019/03/11】 | ページトップ↑
かみなか農楽舍とシェアハウス的な共同生活
Date:2019-03-10(Sun)

昨日は、若狭町のかみなか農楽舍を訪問。かみなか農楽舎は平成14年に福井県若狭町役場、地元農家、民間企業が共同出資して、福井県若狭町に誕生した農業生産法人。

設立当初から、都市からの若者の就農・定住を促進し地域集落を活性化する『就農・定住事業』に着手、この就農・定住事業を主軸に、農業生産(米・野菜)や加工だけでなく、農業体験事業など、多角的な農業経営に取り組んでいる。若者が現代のシェアハウス的な共同生活をおくりながら学んでいる。

シェアハウスは特別な空間だ。多感な時期に、志を抱いて集った仲間と共に暮らす。何かあればいつでも部屋に集まり、胸襟を開いて語り合うことができる。希望や不安を打ち明け、喜びや悲しみを共にし、励まし、互いに成長していく。

先輩や後輩とも深い付き合いができることは、寮ならではの効用の一つだろう。卒業後も絆は強い。同じ釜の飯を食った間柄。かっこいい姿も、情けない姿も、良き思い出として共有していく。

ところで、いま、旅立ちの春。学校へ、職場へ、胸を膨らませて向かう新天地。暮らしの場を含め、たくさんのすてきな出会いが待っている。かみなか農楽舍も少なくなっているが、新たな農業者育成に期待したい。

【2019/03/10】 | ページトップ↑
サンダーバード、しらさぎの車内販売

Date:2019-03-08(Fri)

道の駅は全国的にも増えて、1000を超えてまだまだ進化している。その顔も様々だ。簡素なものからテーマパーク的なものまで多種多様だ。。

道の駅は地域の核として、儲けるという発想よりも地域振興の核と言うのがいいように思う。

大規模な道の駅はともすればエリアの経済活性化を損なうこともり、質を求める現代の消費者は、中途半端なサービスを嫌います。大きな道の駅ほどショッピングセンターと同じ接客になり、クレームが起きやすくなる。

今日の一般質問でもないが、近畿、北陸の地図で敦賀市内だけが道の駅がないのに気がつく。

最近は簡単、素朴な道の駅もある。「駐車場」「常時使用可のトイレ」「案内人」の基本3要素がそろっているだけで、地図を見てドライバーが集まる。

地域を楽しみ、地域の人々と話し、地域でしか手に入らない物や事を来訪者に解説するだけで道の駅の役割を果たしている。

林業・農業・木工などの体験、名匠訪問、伝統芸能・お祭りへの参加、キャンプ場、ハイキングルート、宿泊先の案内やコーディネートから地域の観光地に向かう。。

それがうまく回り出すと、道の駅で自然に雇用が促進され、多目的端末や機動的なネットワークも必要となり、高齢者のみならず若者の雇用も生まれる。道の駅を核として、いわば小浜市の町の駅・海の駅・道の駅川など、各ポイントとの共助ネットワークが構築されている。本来の地域振興的な道の駅で発展途上だ。これからの動的な道の駅の姿とも思う。

敦賀市で言えば、愛発小中学校跡地、葉原小学校跡地などやれ道路整備だ。人がいないとか以前に最低限の設備から道の駅もいいかも、道の駅のイメージがありすぎて、このままでは敦賀市で道の駅はいつなってもできない。

【2019/03/09】 | ページトップ↑
道の駅の可能性

Date:2019-03-08(Fri)

道の駅は全国的にも増えて、1000を超えてまだまだ進化している。その顔も様々だ。簡素なものからテーマパーク的なものまで多種多様だ。。

道の駅は地域の核として、儲けるという発想よりも地域振興の核と言うのがいいように思う。

大規模な道の駅はともすればエリアの経済活性化を損なうこともり、質を求める現代の消費者は、中途半端なサービスを嫌います。大きな道の駅ほどショッピングセンターと同じ接客になり、クレームが起きやすくなる。

今日の一般質問でもないが、近畿、北陸の地図で敦賀市内だけが道の駅がないのに気がつく。

最近は簡単、素朴な道の駅もある。「駐車場」「常時使用可のトイレ」「案内人」の基本3要素がそろっているだけで、地図を見てドライバーが集まる。

地域を楽しみ、地域の人々と話し、地域でしか手に入らない物や事を来訪者に解説するだけで道の駅の役割を果たしている。

林業・農業・木工などの体験、名匠訪問、伝統芸能・お祭りへの参加、キャンプ場、ハイキングルート、宿泊先の案内やコーディネートから地域の観光地に向かう。。

それがうまく回り出すと、道の駅で自然に雇用が促進され、多目的端末や機動的なネットワークも必要となり、高齢者のみならず若者の雇用も生まれる。道の駅を核として、いわば小浜市の町の駅・海の駅・道の駅川など、各ポイントとの共助ネットワークが構築されている。本来の地域振興的な道の駅で発展途上だ。これからの動的な道の駅の姿とも思う。

敦賀市で言えば、愛発小中学校跡地、葉原小学校跡地などやれ道路整備だ。人がいないとか以前に最低限の設備から道の駅もいいかも、道の駅のイメージがありすぎて、このままでは敦賀市で道の駅はいつなってもできない。

【2019/03/08】 | ページトップ↑
もんじゅ廃炉で影響を受けるエネルギー開発拠点化
Date:2019-03-07(Thr)

昨日は二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」。まだまだ寒さは残っているけれど、冬ごもりの虫たちが土の中から穴を啓(ひら)いて、はい出してくる。虫だけでなく、人の心もまた、うきうきと動きだしたくなる、啓蟄という言葉だとか。

昨日の一般質問でもんじゅ廃炉後の地域振興でもんじゅを中心として若狭湾エネルギー研究センターや福井大学附属国際原子力研究所など、エネルギー研究開発拠点化の今後のあり方を質問した。

若狭湾エネルギー研究センターはできて20年、当初は加速器を活用した陽子線がん治療めざましい成果をあげたが、その後は大きな成果もなく加速器の老朽化が進み、次のあり方が問われてきた。国は理化学研究所との連携も模索していたが、明確な改革が進まないまま今日となり、ここでもんじゅ廃炉でどう変わるか注目したい。

また白木に建設が予定されている試験研究炉はもんじゅ施設横の敷地は考えられるが、小規模なものにならざるを得ない。いずれにしても、その方向性が見えないことだ。

最も懸念するのは国の高速炉研究や核燃料サイクル研究が頓挫し、敦賀市のもんじゅ廃炉後の関わりが未だに見えないことだ。

啓蟄の本場、中国の習近平国家主席は今や権威は絶大、啓蟄の穴を経済の果実が人々に行き渡らないとき、不満の穴をより強圧的に塞いでいるとも。穴を啓いて。

もんじゅ廃炉を契機として、啓蟄どころか、その出口が塞がれてしまったようだ。高速炉開発と敦賀市のエネルギー研究開発拠点がもんじゅの求心力と遠心力の低下と共に、その影響が懸念される。
【2019/03/07】 | ページトップ↑
幼児のスマホ、小中でのスマホ

Date:2019-03-06(Wed)

敦賀市内での携帯電話やスマートフォンについて「小中学校は持ち込みを原則禁止」「高校は校内での使用を禁止」だが、全国的にも同じだが、これを見直すことが文科省から先月、発表された。

ところで、孫のスマホ育児が気になっていた、機嫌の悪い幼児へのスマホで泣き止む。忙しい時にスマホを横においてテンポのいい音が出るだけで泣き止む。効果抜群だがホントにいいのだろうか。


新聞でも日本小児科医会が「スマホに子守をさせないで」と呼び掛けている。それでもつい、やすきに流れてしまう。スマホの付いたベビーカーを押しながら買い物をする母親を見かけることもある。夜泣きのとき家事のとき頼らざるを得ない場合もあるとも。

先週、内閣府が発表した青少年のインターネット利用環境調査では、どの年代も利用時間が増えている。今回初めて0〜9歳の低年齢層を調べ、約2300人の保護者から回答を得た。平均利用時間は1日88分、2時間以上が4分の1を占める。動画視聴とゲームが圧倒的に多いとか。

2、3歳児で80分余もあるのはスマホ育児が一般化しているためか。ホントに大丈夫となる。

   
古いかもしれないが、子どもの成長には体や言葉を使って生身の人と関わることが不可欠。親もスマホとの距離をうまく取り、人との向き合い方を考え直す必要があるのでは。そろそろ乳幼児からのネットはどんな害があるのか、研究や安全基準作りに国が本腰を入れるときとも思うし、小中学生にもどう影響するか、研究する必要があるとも。

【2019/03/06】 | ページトップ↑
10月開催の敦賀マラソン

Date:2019-03-05(Tue)

一昨日の3万8千人がエントリーした東京マラソンで7年ほど前、息子がエントリー走りきった姿が、ネットで動画となっていた。私が言うのも変だが、表情は、力いっぱい生きているという充足感で輝いて見えた。

走る人は着実に増えている。30年ほど前か、西浦をハーフマラソンは景色どころか、しんどかったが充実感は覚えている。

早朝から気比の松原をウオーキングする人、マラソンをする人を見ない日はない。

確か2007年に始まったはずだ。ニューヨークシティー・マラソンにならい、銀座など目抜き通りを一般人が走り、走らない人は街角で応援を楽しむ。制限時間7時間とハードルを下げ、多くの人にやってみようと思わせた功績は大きい。

お金ではなく、身体を使ってハッピーになる、という感覚を知った大衆の足取りは力強い。国民が運動して健康になれば医療費が減る、政府のそんな思惑には目もくれず、軽やかに駆けていく。2回ほど中断していた敦賀マラソンも今年は10月中旬には開催される。久しぶりに出ようか、考え始めている。

ようやく漂い始めた沈丁花の香りも。プールも、自転車も、息が弾んで鼓動はドキドキするが、すがすがしい。体で春を感じる喜びもまた、スポーツは教えくれる。障スポでのプ水泳選手の笑顔はいまでも忘れられない。

【2019/03/05】 | ページトップ↑
電子申告だけですんだ確定申告

Date:2019-03-04(Mon)

今日も締め切り近くなって敦賀税務署の4階はかなりの時間待ちだろう。
私の場合は、今年の確定申告はすこぶる簡単だった。タブレットだけで30分でできてしまった。不安になって従来からの添付資料は5年間、保存してもらえばいい、との敦賀税務署の答え。添付資料がなくて本当にいいのだろうか、と不安になってしまう。
従来から、スマートフォンを使って確定申告の書類を作成することはできました。ただし、書類提出は印刷して投函しなければならなかった。この方法も簡単で良いが、2019年からは対象端末であれば、提出まで電子的に手続きを行うことが選択できるようになった。

電子的に提出すると、切手代がかからないだけでなく、還付金が発生する場合、早く振り込まれるなどのメリットがあるとも。ただし、事前にマイナンバーカードを作っておかなければならない。。

事前に税務署に出向き、IDとパスワードを発行してもらえば、マイナンバーカードやカードリーダー(カードリーダー代わりになるAndroidなどのスマートフォン)がなくても、電子的に確定申告を提出することができるとも。



【2019/03/04】 | ページトップ↑
前ページ | ひとことトップ | 次ページ