熊本地震から1年、防災機能強化と財源確保で市庁舎建て替え。
Date :2017-04-15(Sat)

熊本地震から昨日で1年。震度7の激震に見舞われた熊本地震。地震で災害時の司令塔となる庁舎の被災が相次ぎ、被災者支援が遅れた。

敦賀市の庁舎の建て替えの議論が活発化してきた。健闘が進められる一方で、財源が大きな課題だった。

被災者の生活再建に欠かせない庁舎が被災した際の対応策を早急に準備すべき大きな課題だ。

熊本地震では、宇土市役所本庁舎の4階部分が押し潰され倒壊寸前になるなど計8市町の庁舎が使えなくなった。庁舎の被災で、被災者が支援を受ける際に必要な罹災(りさい)証明書の発行などが遅れた。

庁舎が被災して最も困るのは、一刻も早く日常生活を取り戻したいと願う住民だったとも伺った。

想定外を考えて罹災証明の発行や被害状況の把握など庁舎倒壊で相当遅れた。そして、初動の重要性だ。情報が錯綜し、火災などへの対応も重要な要素だ。ここで力を発揮するのが防災センターと消防署からの出動、それに市庁舎からの現場把握と人的連絡と出動と集中管理が重要となる。

いま、市で提案されているプラザ萬象への市役所移転はまちづくりの観点からいいかもしれないが、今回の建て替えの最大の要因は耐震で防災機能強化にある。


災害時にまず重要なのは初動の動きだ。これを考えれば、道路網が整う現在地にほかならない。市庁舎建て替えは、大事なのは防災機能強化とその財源確保にある。
【2017/04/15】 | ページトップ↑
北朝鮮醸成、楽観論と不安が交錯している。
Date :2017-04-14(Fri)

高校の世界史の授業で国の内政がうまくいかないとき、戦争したがると、習ったことがある。今のトランプ政権のやり方もその手法かどうかわからないが、どうも危なかしい。また、平和に浸った日本、危機感がないのか、いずれにしても危うい情勢が続いている。

安倍首相は昨日13日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮のミサイル開発について、「(化学兵器の)サリンを弾頭につけて着弾させる能力をすでに保有している可能性がある」と指摘した。

また、政府は昨日、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合を開いた。北朝鮮のさらなる挑発に備え、情報収集と警戒監視に万全を期すことを確認した。朝鮮半島で有事が勃発した際の対処方針についても協議。韓国にいる在留邦人の保護や避難策、北朝鮮からの難民への対応なども話し合ったとも。

朝鮮半島有事の際、大きな課題となるのが韓国に約5万7千人いるとされる邦人の速やかな退避だが、簡単にできるわけない。

米国の空母カールビンソンの北上といい、北朝鮮について、アメリカは北朝鮮についても攻撃をためらわないとか、どこかトランプ大統領は危ういと思ってしまう。

ただ、シリアの置かれた状況と北朝鮮の状況とは異なる。シリアと違って北朝鮮は内戦状態に陥っていないし、北朝鮮は韓国や日本と隣接し、軍事行動をとった時の反発はシリアの比ではない。

シリアを攻撃できたから北朝鮮に対して簡単にできるというものではないはずだ。
平和ボケなのか、それほどの危機感がいま、あるのか、なにやら楽観論と不安が交錯している。

【2017/04/14】 | ページトップ↑
奥琵琶湖も満開へ
Date :2017-0414(Thr)

昨日の風で敦賀の桜の花も散り始めた。一方、琵琶湖八景「暁霧・海津大崎の岩礁」として有名な、湖岸沿い約4kmにわたって樹齢70年を超える老桜や次世代に引き継ぐ若木も含め約800本の桜並木が続き、この地域でも遅い桜の名所の桜が満開に近くなってきた。

奥琵琶湖に春の訪れを告げる風物詩になっており「日本のさくら名所100選」にも選ばれている。土日は満開と思うが、交通量も多い、コツは早朝6時頃、奥琵琶湖と桜と竹生島の春はいい。

そうはいいながら、今年はちょっと雰囲気が違う。桜前線は北上するものだと思っていたが、関東以西はまだら模様の開花状況続いた。ソメイヨシノが全国で最も早く咲いたのは東京で3月21日。横浜、福岡が25日。本州南端の鹿児島では、ずっとずっと遅れて4月5日だった。

先日も書いたが、地球温暖化による平均気温の上昇で桜の開花が早まりつつあるほか、人工物が多いために気温が上昇する東京など大都市のヒートアイランド現象も影響しているような感がある。満開も鹿児島が4月14日とか、異例な状況が桜の世界もあるようだ。

桜の話題では暖かさに気を取られがちだが、開花の鍵になるのは寒さ、「休眠打破」というとか。前年の夏秋に成長する花芽は、一定期間低温にさらされた後に目覚めるからだ。鹿児島の開花と全部が咲くことができない異常現象が発生しているとか。種子島では桜の開花ができなくなってしまっているとも。

寒さや厳しさが大切というのは、コメ作りや酒造りでも指摘され、厳しい条件下でこそ、香り高い酒が生まれ、食味のいいコメができる。

新年度を迎え、敦賀市立看護大学の入学や市役所の就職、人事異動とどことなく雰囲気でわかる。それぞれの新たな環境に身を置くと、緊張感や疲れを感じたのが私には相当、昔、昔になった。私の選挙は4月中旬ごろで、桜も散り終わっていたが、それでも選挙戦はつらくとも終わってのはいいものだ。

休眠打破ではないが、新入生や新入社員など、厳しい日があっても、そこから報われる日々、花を咲かす日もあるだろう、是非頑張ってほしい。
【2017/04/13】 | ページトップ↑
若狭町長選挙とかみなか農学舎
Date :2017-04-12(Wed)

任期満了に伴う若狭町の町長選挙が昨日告示され、これまでに3期目を目指す現職と新人の2人が立候補し、平成17年の若狭町発足以降初めてとなる選挙戦がスタートした。

若狭町長選挙が選挙戦となったのは、平成17年に旧三方町と旧上中町が合併し若狭町が発足して以降、初めて。

昨日、森下候補の出陣式に参加したが、寒くて雨模様の天候、寒さはこたえる。それぞれの応援演説も長いが候補の久しぶりの森下節、熱がこもって長かった。

良かったのは森下町長が職員時代に深く関わった「かみなか農学舎」の女性代表の応援演説と農学舎の女性の「頑張ろう三唱」。

現在、若狭町の人口は約1万5000人。合併から10年、若狭町になってから2千人の人口減少、そして少子高齢化が進む中、若者や高齢者が暮らしやすいまちづくりをどう進めるか。

地域を活性化するのも、未来につなぐのも人。U・Iターンや教育、「人づくり」をち森下候補は力を込めて訴えた。

なかでも、森下町長が深く関わっている若狭町の農業生産法人「かみなか農楽舎」、昨日の頑張ろう三唱で前に並んだ若者、大阪、千葉、埼玉などの県外の移住組が多い。

農楽舎の施設で共同生活を送りながら、1年目は米や野菜作りの基本を学んだ。地域を活性化するのも、未来につなぐのも人。U・Iターンの里山再生の原点である「人づくり」の成果が見え始めてきた。

 
ちなみに「かみなか農楽舎」には、農楽舎立ち上げに合わせ整備された若狭町農村総合公園に施設がある。都市部などの若者を受け入れる就農定住研修事業のほか、農業生産事業や体験学習事業を展開。町は農楽舎に対し、就農定住研修事業の委託費として年間400万円、同公園の指定管理費として同360万円を出している。県下でも全国的に評価とされた事業となっている。
【2017/04/12】 | ページトップ↑
AKB48、EXILEと美空ひばり(美空ひばり生誕80周年)
Date :2017-04-11(Tue)

昨夜、AKB48やEXILEらが東京ドームに集結、ひばりの歌で復興支援「美空ひばり生誕80周年記念コンサート」、深夜は深夜で美空ひばりのNHKに残された過去の話題作を現代の視点で見直してきた「NHKアーカイブス」の美空ひばり歌とトークをじっくりと視聴した。

AKB48やEXILEとはまったく歌い方も違うが、存在感といい、歌手としてはプロ中のプロとの印象をあらためて思った。

また、89歳で亡くなった京唄子さんの漫才をテレビで久しぶりに拝見したが、いまのテンポとも違うがこれも、どこか違った存在感。故鳳啓助さんとの「めおと漫才」で、昭和30年代の漫才ブームを引っ張った。トレードマークの大きな口から強気なツッコミを繰り出し、啓助さんが「大口に吸い込まれる」などとボケる。夫をやり込めるかかあ天下の「しゃべくり」が、テンポといい、間といい、引き込まれる。関西で言う「おもろい」漫才の典型だ。

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」では関西弁をまくし立てるしゅうとめ役を演じ、圧倒的な存在感で話題になった。

私生活では4度結婚。美空ひばりと同様、浮き沈みもあったのだろ「おもろい」人生を演じきったに違いない。

ちなみに関西弁の「おもろい」は、「面白い」とはニュアンスが違う。面白いは自分で感じることで、皆が異口同音に感じる評価と言うべき「おもろい」か、私もよく理解できないが、違ったニュアンスだ。相手を感動させれば「それ、おもろいな」となる。

話も戻すとAKB48やEXILEのステージの熱気と美空ひばりのステージ、時代も違うが、私なりに感じたのは、表現はどうかわからないが、軽さと重さとの違いだ。

まったく話は違うが、敦賀市議会で20年以上前に辞められた議員の大先輩から、議会のやりとりや市政の進め方が「あまりにも軽すぎる」とのアドバイスを頂いた。時代は違うが、自らの反省でもあり、大事な指摘と思う。






【2017/04/11】 | ページトップ↑
金ヶ崎宮の花換えまつりの若いカップルが目立つが、現実はーー。
Date :2017-04-10(Mon)

市内の桜のピークは日曜日だったか。金ヶ崎宮の花換えまつりの若いカップルが最近、目立つようになった。そうは言っても、全国的に男性の4人に1人、女性の7人に1人が結婚しないとか。

国立社会保障・人口問題研究所の2015年調査で、50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す「生涯未婚率」が、男女ともに過去最高を更新した。

「結婚する、しない」はあくまで本人の選択とはいえ、未婚社会の進行は、少子高齢化で悩む地方自治体にとっては深刻な課題だ。

敦賀市の生涯未婚率も増加していることは確かだ。今年度も敦賀市の予算で「異業種交流ーーー」という難しい事業名だが分かりやすく言うと、連合福井に加盟する若者の出逢いの場を提供しようというもの。

ただ、「官製婚活」の推進が解決の決め手ではないが、それでも我々世代には理解しがたい状況だ。民間でも最近、活発にパーティーが開かれるようだ。

もっと考えると本人が「結婚する、しない」を選択できる環境が整っていない現状こそ問題だ。国は自治体任せではなく、特に若い世代が将来に希望を持てるような施策に取り組むべきだ。それが結果的に結婚、出産の後押しにつながる。同研究所によると、18〜34歳の未婚者のうち「いずれは結婚したい」と考えている人は男女とも80%超だが、最大のハードルが「結婚資金」。

背景には、非正規の増加など雇用の不安定化がある。非正規でいくら働いても賃金が低く、将来展望が見いだせない。正社員でも長時間労働を強いられ、異性と出会う機会が少ない。敦賀市もけっして例外ではない。
【2017/04/10】 | ページトップ↑
休眠打破と敦賀市
Date :2017-04-09(Sun)

昨日は党大会で福井へ、夜は町内の会合懇親会。どこに行っても雨模様ながら桜が満開だ。咲き誇る桜を見ていると何とも言えない高揚感が湧き上がる。金ヶ崎宮の夜桜もいい。足を止めて花を見上げ、ぼんぼりのほのかな灯りとこれも似合う。

桜の開花は心を浮き立たせる。咲くのを待ち焦がれ、花を愛で、散っていくのを惜しむ気持ちは、日本人の心に深く刻み込まれたものと言ってもいいだろう。

ところが最近は、桜開花のニュースを聞くと、うれしさの一方で不安も感じるようになった。地球温暖化の影響とみられる異変が起きていると聞く。

ソメイヨシノは、花のもとになる花芽が夏に形成された後、休眠に入る。それが一定期間冬の寒さにさらされることによって休眠から目覚め、翌春の気温上昇とともに成長して開花する。このようなメカニズムを「休眠打破」と呼ぶ。

しかし、冬の冷え込みが不十分で、休眠打破がうまくいかなくなっているという。今年、敦賀市の開花日は4月4日ごろだったが、例年とは遅いと言われながら福井では2日で満開、異例だった。

一般的に桜前線は南から北上するイメージだが、敦賀市では金ヶ崎宮、刀根、そして琵琶湖の海津大崎の桜と南下して楽しめる。

ただ、このまま温暖化が進めば、咲いても満開にならない地域が増え、開花しない地域が出てくると指摘する専門家もいる。そうなれば桜の風情は失われ、花見どころではなくなってしまう。

「明日ありと思う心のあだアダ桜」という言葉がある。明日はどうなるか分からないという戒めだが、地球温暖化を防ぐ取り組みも先送りしたばかりに手遅れともなりかねない。

今日は雨模様ながら最後の花見。満開の桜の下でいつまでも花見が楽しめる敦賀であるために、私たちに何ができるのかを考える機会にしたいものだ。
【2017/04/09】 | ページトップ↑
桜の満開、シリア空爆そして北朝鮮ミサイル
Date :2017-04-08(Sat)

昨日、敦賀市も平年を上回る暖かさとなり、桜が一挙に咲き出した。福井市では5日に開花が発表された桜が早くも満開との報道。雨模様ながらわずか2日とははやい。私の見る限りでは笙の川沿いや金ヶ崎宮はまだ満開ではない。

ところで、深夜、ブログを書いていると、「スウェーデンの首都ストックホルム中心部で7日、トラックが人混みに突っ込んで死亡者を出した」とか。スウェーデンのロベーン首相は「あらゆる状況はテロ行為であることを示している」と述べ、テロの可能性を視野に捜査する考えを示したとの報道、サンクトペテルブルクといい、ストックホルムといい、テロの広がりは、けっして遠い世界の話ではないかも知れない。
桜の開花、満開の平和な日本といま世界で起きていることと、けっして無関係ではない。

昨日の米軍のシリア空爆といい、急に世界が乱気流がやってきたように、世界の情勢が急に緊迫してきた。

シリアを攻撃したトランプ大統領には、弱腰といわれたオバマ前政権との違いを印象づける思惑があるように思う。だが、攻撃という劇薬も、きちんとした処方箋があってこそ、初めて効果が出る。それがないまま武力を振るえば、危機を抑えるどころか、かえって広がりかねない。どこかトランプ大頭領のきばが見えたような怖さを感じる。

一方、北朝鮮では、弾道ミサイルの開発を加速しつつある。いまの迎撃態勢で日本の領土・領海を守り切れるのか。原子力発電所のある敦賀市とっても驚異だ。

平和に慣れた日本、本来、地方の一議員のブログで書くべきでもないが、有事における自衛隊の動きを再確認し、法制度に不備がないかどうかなどについても国会で幅広く検討して、危機管理に万全を期すべきとも思う。




【2017/04/08】 | ページトップ↑
敦賀FM開局10周年
Date :2017-04-07(Fri)

先日、敦賀FM.の奥瀬社長に市役所で会った時に思い出した。
確か、平成19年4月3日にコミュニティーFM「つるがFM・ハーバーステーション」開局しもう10年を超えいたと、気がついた。それほど、市民の生活インフラとしてなじんでいる。社長に伺うと、特に10周年記念は行わないとか。

敦賀市を盛り上げようと、地元の情報に徹底して報道続けてきた。気比さんまつり、花火大会や敦賀港カッターレースなどの生放送を見逃せない。いまや市民にはなくてはならない生活インフラだ。

ただ、全国に300あるコミュニティーFMの大半は経営が厳しい。敦賀FMも例外ではないが、原子力発電所の長期停止で広告収入が減るなか、よく民間でここまでやってこれたとあらためて敬意を表したい。


また、災害時の緊急情報の発信も開局の目的の一つ。敦賀FMでは、敦賀市からの委託を受け【防災ラジオサービスセンター】を開設し、普及促進活動・修繕活動などを行っている。とはいうものの、普段から慣れ親しまれる番組作りが欠かせない。
県内では三番目、こうした地域密着型放送は、市民の参加が何にも勝る力になる。

東日本大震災で東北各地のコミュニティFMが大活躍し、被災者をどれだけ勇気づけたか、難度か報じられたが、それも経営難で閉局に追い込まれたところもある。今後とも敦賀FM、市民の生活インフラとして災害時の危機管理インフラとして頑張ってほしいし、市民のバックアップも欠かせない。



【2017/04/07】 | ページトップ↑
財源も人材も限界がある敦賀市
Date :2017-04-06(Thr)

福井地方気象台は予想通り、桜の開花を発表した。平年より2日、昨年より9日遅い開花とか。金ヶ崎宮も咲き始めた。夜桜もこれからが本番だ。昔、昔、私の若い頃、新入社員の仕事らしい仕事が、金ヶ崎宮の場所取りだった。この時期はいつも寒い。震えながら飲んだのを覚えている。

ところで、新横綱稀勢の里の「奇跡の逆転優勝」に沸いた大相撲春場所。13日目に左肩を痛め、強行出場した14日目は力なく完敗していただけに、千秋楽の劇的な展開には驚かされた。その一方で、新横綱の将来を心配して休場を勧める声が少なからず上がったこともうなずける。これまでの日本人なら体のケガをおして優勝、美しい感動のドラマだ。

一方で、春の選抜高校野球では、引き分け再試合が2試合あった。雨天で休養日がなくなったこともあり、投手の登板過多の問題も注目を集めた。

同時期に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に投球数や登板間隔の制限が導入されていた。

企業などでの「働き方」も同様だろう。政府は3月末に決定した働き方改革実行計画に基づき、長年の課題である長時間労働の是正などに向けた取り組みを始める。

だが実行計画については、繁忙期の残業時間の上限が長すぎるなど課題が多い。加えて、働いた時間を少なく記録するサービス残業がはびこっている現状では、労働時間の短縮など進みようもない。

働く人の命に関わる問題だ。労使を含め、社会に生きる全ての人が、今まで通りはもう通用しないことをしっかり自覚し、見直しへとかじを切る時代と受け止める。

いま、敦賀市は来年の国体、6年後の北陸新幹線にむけたまちづくり、小中一貫、さらには市庁舎問題とあまりにも大きなプロジェクトがありすぎる。人材も財源も限られている。優先順位と将来を見据えての敦賀市を考えないと、どこかでつまづきそうだ。桜の花は短いが人生は長い。

【2017/04/06】 | ページトップ↑
前ページ | ひとことトップ | 次ページ