六ヶ所再処理工場、新基準による稼働に向けた安全審査、後3年。
Date:2018-07-11(Wed)

昨日は、午前中、青森県むつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設、午後からは六ヶ所村の原子燃料サイクル施設と視察。

六ヶ所村は、農業・水産業に加え、石油備蓄など数々のエネルギー関連施設が立地してきた。

これらによる税収や雇用だけでなく、風力発電や太陽光発電といった再生可能エネルギーから原子力関連までの施設が同じ村に集積している。
再処理工場など原子力施設の存在によって、村税が納入されるなど税収は豊かである。いまだに地方交付税交付金を受けておらず、村の予算規模は周辺同規模の町村の倍以上となっている。

このような財政状況を反映して村内に下水道・浄化槽施設、診療所、健康施設が整備されるなどインフラ整備は進んでいる。そんな関係で東海村と同様、周辺市町村との合併の話はない。

今、原子力施設の最大の懸案は、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場について、新基準による稼働に向けた安全審査中、約7000億円近い経費をかけての福島事故を受けての新基準対応の工事が真っ盛りだ。


再処理工場は原子力発電所の使用済み核燃料からプルトニウムなどを取り出し、燃料として再利用するための中心施設。原燃の施設では、他にウラン濃縮工場、低レベル放射性廃棄物貯蔵施設、高レベル廃棄物貯蔵施設の三つの施設があり、ほぼ順調に稼働している。原子力のバックエンド関係は今後とも話題の中心となる。

【2018/07/11】 | ページトップ↑
核燃料の中間貯蔵で注目される青森県むつ市
Date:2018-07-10(Tue)

昨日、福井県を含む北陸地方の梅雨明けを発表。平年より15日、去年より24日早い梅雨明け。いよいよ本格的な夏本番だ。

今、議会の市民クラブと公明党で青森県むつ市に来ている。ここの首長、宮下宗一郎むつ市長の2期目が、先月29日に始動した。

全国的な課題である人口減少や医師不足、厳しさを増す財政など課題は山積している。自治体の首長であると同時に、原子力関連施設が集中立地する下北半島地域のかじ取り役として、真価が問われる4年になろう。
 
原子力では、市内に立地する使用済み核燃料中間貯蔵施設で新規制基準適合性審査が終盤を迎えた。同施設は締結した立地協定上、東京電力、日本原子力発電の2社の燃料が対象となっている。今後は関西電力の使用済み核燃料の中間貯蔵も取りざたされている。

いずれにしても政府が先に閣議決定したエネルギー基本計画では、核燃料サイクル事業を推進するとしながらも、再処理の在り方や最終処分場の問題などは明確になっていない。関連施設が集中立地する自治体として、今後の原子力政策の行方に敦賀市と同様、目が離せない青森県むつ市だ。


【2018/07/10】 | ページトップ↑
西日本の豪雨災害の教訓
Date:2018-07-09(Mon)

昨日は早朝よりカッターレースの練習準備、海開き、戦没者戦災者追悼式そしてカッターレースの練習と続いた。

合間に倉敷市や四国の友人に被災のお見舞いをメールすると、その凄さが返事で帰ってきた。

活発な梅雨前線の影響で、西日本を中心に記録的な大雨となった。
土砂崩れや河川の氾濫が相次ぎ、多くの犠牲者、行方不明者が出ている。雨は9日も降り続くとみられ、被害がさらに拡大するおそれがある。

広島や岡山では街が大規模に冠水し、土砂崩れや生き埋めの情報が相次いだ。
被害に遭った方々には心からお見舞い申し上げたい。気になるのは太平洋上の台風8号だ。猛烈な勢力を保ち沖縄に接近するとみられる。最悪の事態も想定するべきだ。

テレビ解説によると、これほどの大雨となったのは前線が日本列島に沿うように停滞し、南から暖かく湿った空気が供給され続けたためという。
ちょうど1年前の九州北部豪雨のように、積乱雲が同じ場所で次々と発生する「線状降水帯」が形成されたとみられる。

近年頻発している極端な降雨現象は、地球温暖化が一因とされる。経験のない大雨がいつ、どこで降ってもおかしくないと改めて胸に刻みたい。笙の川もけっして油断できない。
 
倉敷市では緊急避難場所の小学校への情報が伝わらず、早めの避難は心掛けたいが、移動することが危険との判断など、想定外の豪雨に、判断が難しく右往左往して検証も必要だが、自治体の判断ミスもあったようだ。

1人暮らしのお年寄りなど災害弱者に情報が伝わりにくいという問題も以前から指摘されているが今回も倉敷市ではあったようだ。

これら多くの教訓がうまれている。市立敦賀病院も笙の川決壊時の対応も一応、マニアル化されているが、大規模な洪水被害に対応できるか、など、ハザードマップは教えるが、実際に被災した場合、よりきめ細かな災害対応が求められる。今後の備えに生かしたい。
【2018/07/09】 | ページトップ↑
広範囲な被害
Date:2018-07-08(Sun)

これほどの広範囲な被害は記憶がない。西日本豪雨で異例の広域被害、8府県で51人死亡 とは。まずはお見舞いを申し上げたい。

各地で土砂崩れや河川の氾濫が相次ぎ、愛媛や広島など8府県で大雨は5日から降り始め、気象庁は6~7日、長崎から岐阜にかけての計9府県に数十年に1度の重大な災害を対象とする大雨特別警報を発表。広い範囲が長時間にわたり影響を受ける異常事態。

四国の友人を見舞うと雨量が凄いので側溝が噴水状態になっていたとか。河川の洪水被害も大きいが側溝、幹線など明らかに設計雨量を上回る、今回の豪雨だったようだ。

敦賀は先程、大雨警報が解除された。一部、土砂災害などあったようだが、大きな被害は現時点ではないのが幸いだ。

昨日はカッターの監視からスケジュールを変えて、名古屋へ。帰りは電車で普通列車を乗り継いで帰敦した。特急しらさぎは運休だったがようやく動き出した普通列車、乗り換えの近江塩津では多くの敦賀市民とあった。
【2018/07/08】 | ページトップ↑
広範囲な特別警報
Date:2018-07-07(Sat)

まずは被災された方々にお見舞いを申し上げたい。昨日は早朝、カッターレースのカッターが一昨日の雨で傾いているとの情報でブログを書くのをやめて川崎岸壁へ。

今、笙の川の水位は0時20分現在1,59㍍、周辺住民がネットで現場で、長時間、何度も気にした数字だ。一昨夜も未明まで数字と、にらめっこしていたという呉竹町のに住民がいた。

[笙の川なんとかして下さい]とここ数年の住民の切実な声だろう。敦賀市の職員も避難所の開設など徹夜での対応が続いている。

ところで、本州付近に停滞する前線の影響で、昨夜もも西日本を中心に記録的な大雨が降り続いた。気象庁は福岡、佐賀、長崎、岡山、広島、鳥取、京都、兵庫の8府県に対し、「生命に重大な危険が差し迫った異常事態にある」として大雨特別警報を発表した。
昨夜午後11時までに広島県内などで3人の死亡が確認されたとも。いつぞやの土砂災害を思い出した。土砂災害など宅地造成で最近は多くなった。

特別警報と聞いても驚かない人が多いのではないか。敦賀も含め202013年の運用開始から10回目。太平洋高気圧の張り出しが弱く、前線が停滞し、南からの暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、広範囲で大雨になっているとの説明は納得するが、何か地球が温暖化で狂い始めていることは確かだ。他の地域に比べて敦賀の災害は今のところないが、備えあれば憂いなし。書くことが散漫になっている。今日はここまで。

【2018/07/07】 | ページトップ↑
広範囲な特別警報
Date:2018-07-07(Sat)

まずは被災された方々にお見舞いを申し上げたい。笙の川の水位は0時20分現在1,59㍍、周辺住民がネットで現場で、長時間、何度も気にした数字だ。昨夜も未明まで数日にらめっこしていたという呉竹町のに住民がいた。

[笙の川なんとかして下さい]とここ数年の住民の切実な声だろう。敦賀市の職員も避難所の開設など徹夜での対応が続いている。

ところで、本州付近に停滞する前線の影響で、昨夜もも西日本を中心に記録的な大雨が降り続いた。気象庁は福岡、佐賀、長崎、岡山、広島、鳥取、京都、兵庫の8府県に対し、「生命に重大な危険が差し迫った異常事態にある」として大雨特別警報を発表した。
読売新聞のまとめでは、6日午後11時までに広島県内などで3人の死亡が確認された。いつぞやの土砂災害を思い出した。

特別警報と聞いても驚かない人が多いのではないか。敦賀も含め202013年の運用開始から10回目。太平洋高気圧の張り出しが弱く、前線が停滞し、南からの暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、広範囲で大雨になっているとの説明は納得するが、何か地球が温暖化で狂い始めていることは確かだ。他の地域に比べて災害は今のところないが、備えあれば憂いなし。

【2018/07/07】 | ページトップ↑
大雨、洪水警報と土砂災害に注意
Date:2018-07-06(Fri)

笙の川の水位は現在、減り始めたが、まだまだ大雨警報と洪水警報は続く。これからも土砂災害に厳重に警戒が必要。今日はここまで。
【2018/07/06】 | ページトップ↑
大飯3,4号の高裁の妥当な判断
Date:2018-07-05(Thr)

関西電力大飯3、4号機の運転差し止め訴訟の控訴審判決が4日、名古屋高裁金沢支部であり、内藤裁判長は運転を禁じた一審福井地裁判決の関電敗訴部分を取り消し、住民側の逆転敗訴を言い渡した。裁判長の判断は妥当な常識的なものと評価できる。

この判決で、裁判所はを廃止や禁止にすべきかどうかの判断については司法の役割を超えるもので、国民の議論を背景にした政治的な判断に委ねられるべきだと指摘は福島事故以前にあったが、事故後としてははじめてではないか。

もうひとつは、運転が認められるかどうかは、その危険性を社会通念上、無視できる程度にまで対策が取られているかどうかが判断の基準になるとし、国の新規制基準そのものや原子力規制委員会の審査に不合理な点がなければ、具体的危険性はないものと評価できると位置づけも妥当な見解だ。

3つ目は耐震対策を考えるうえで想定される「基準地震動」の妥当性については、「最新の科学的知見を踏まえて策定されたもので、新規制基準に適合するとした規制委員会の判断に不合理な点は認められない」と指摘も妥当だ。


4つは鳥取県の「大山」が噴火した場合に降る火山灰の影響など、重大事故への各対策も科学的知見や手法を踏まえて実施されていて、新規制基準に適合するとした規制委員会の判断に不合理な点は認められないとした。

結論として社会通念上、対策が取られているとした、論理的で三段論法的にわかりやすい判決と受け止めたい。

高裁の福島事故後の最も妥当な判断であり、原子力発電所の安全は第一であり、原子力規制委員会の判断が今後も最重要との見解でもある。

【2018/07/05】 | ページトップ↑
安中の眼鏡橋と鉄道遺産
Date:2018-07-04(Wed)

一日たっても「惜しい」「よくぞ、ここまで戦った」。そんな言葉が次々と出てくる幕切れだった。サッカーのW杯決勝トーナメント、ベルギーとの戦い。世界ランキング3位の強豪。対する日本は61位。しかし日本は一歩も引かず、終了の笛が鳴る寸前まで対等。熱い感動とはこんなものか。

昨日は群馬県安中市を訪れた。そこに

碓氷川に架かる煉瓦造りの4連アーチ橋で、碓氷峠の代表的な建造物である。国鉄信越本線横川駅 - 軽井沢駅間の橋梁。
1891年(明治24年)着工。高崎駅と直江津駅を結ぶ路線(後の信越本線)、1893年(明治26年)に竣工した。これが大事な観光資源になっている。

現存する煉瓦造りの橋の中では国内最大規模であり、1993年(平成5年)には「碓氷峠鉄道施設」として、日本で初めて重要文化財に指定された。

現在は横川駅からこの橋までの旧線跡が遊歩道「アプトの道」になり、橋上の手すりや国道18号へ通じる階段などが整備されている。また、2012年3月に碓氷第三橋梁~旧熊ノ平駅間1.2kmの延伸工事が完成し、4月1日から横川~熊ノ平間、全長5.9 kmとなった。歩いて鉄道遺産を楽しめる。

鉄道のまち敦賀と同じような環境で先行的に鉄道遺産を活用し、観光客も百万人を超える。首都圏にちかいとはいえ、鉄道ファンにはたまらない遺産でもある。民間に任せた観光施設など学ぶべきことは多かった。古い近代化遺産は保存に金もかかる。自治体として世界遺産を目指したり苦慮は今後も続きそうだ。
【2018/07/04】 | ページトップ↑
路線価を気にすることでもないがーー。
Date:2018-07-03(Tue)

アジサイはいまが盛りだが、その相棒のカタツムリを久しく見たことがない。

一方、アジサイは色がさまざまに変わることが心の変節と結び付けられ、ものは考えようで、多様な彩りを眺めていると気持ちが和らぐ。

アジサイとカタツムリを連想するが、ぬれた葉の陰で殻を背負う姿を見る機会がほとんどない。

カタツムリは種類によっては絶滅の危機にひんしている。

♪でんでんむしむし かたつむり-と童謡もよく歌い昔はよく見た。今は本物を見たことがない子どもたちもいる。現実をしっかりと受け止めたい。そこに対応策がある。

ところで昨日2日、主な道路に面した土地の評価額「路線価」が公表された。県内で最も高かったのは、北陸新幹線の県内延伸の影響で、2年連続JR福井駅西口。
路線価は、最も高かったのはJR福井駅西口の「福井駅西口広場通り」の29万円。これは去年を3.6%上回り、県内の最高地点として25年ぶりに上昇に転じた去年に引き続き、2年連続の上昇となった。

一方、北陸新幹線の沿線で敦賀市の「敦賀駅前広場通り」が6万3000円と今年も上昇すると思ったが去年に続き横ばい。気にすることでもないが、現実の評価を受け止めておくことも大事だ。

県全体の平均は、人口減少に加え、郊外型商業施設への顧客流出や、中心市街地の空洞化が進んでいることなどから、去年を1.3%下回り25年連続の下落。これも福井県、敦賀市の現実、路線価の推移はまちづくりに目安と受け止めている。
【2018/07/03】 | ページトップ↑
前ページ | ひとことトップ | 次ページ