FC2ブログ
選挙を通して「闘う」という気持ちを忘れたら社会全体が劣化する。

Date:2019-04-09(Tue)

統一地方選挙の前半戦が終わりました。市議20年もしていると県内限らず、全国に議員の知り合いが自ずとできる。最近はネットで午後12時近くなるとその当落が判明する。

当選を果たした人もいれば苦杯を舐めた人もいます。開票が気になって昨日はあまり眠れませんでした。いつも自分につながりのある候補者が全員当選してくれれば良いと思うが、さすがになかなかそうはいかない。

20代後半から選挙事務所を手伝い、自分の選挙も含め以後何度となく選挙に携わったものとして、それぞれの選挙の状況や、候補者、支援者の様子もある程度分かる。

思い出深い知事選でが西川知事の一期目、原子力が争点で西川あぶないとの新聞報道が流れ嶺南一円、党派関係なく嶺北に乗り込み、福井市の街頭で「西川頼む」とのささやき作戦や電話作戦と、一挙に流れが変わったこともあった。

議会制民主主義というのはある意味矛盾だらけのものであり、説明のつかない論理がまかり通ったり、一般市民には理解不明なこともある。

今回の選挙は越前選挙区のように無投票当選が増えた。私が語るのも変だが選挙はどこでも大変ですから、地方議員は真面目に取り組む人にとっては労多くして得るものは少なく、なり手が少なくなるのも頷ける。

あるいは日本社会全体の活力が低下して「無駄な労力は使わない方が良い」となっているのかもしれない。そうであれば危機的な状況とも言えるのではないか。敦賀市議会選挙もいま選挙がないとの話が巷の噂になっている。ある意味、劣化というより活力がない証明とも語った方もいた。

それでも地方行政のチェック機関としての議会は小さなものではない。

特に人口減少が進む地方で国の機能が働かない地方において特色ある政策でわずかだが人口増加をはかった自治体もある。

ともかく選挙を通して「闘う」という気持ちを忘れたら社会全体が劣化する。主義主張に関係なく、今回選挙に出られた皆さんに敬意を表するとともに議員バッジを付けても付けなくても、今後の御活躍に期待したい。

【2019/04/09】 | ページトップ↑
知事選、県議選の一幕が終わった。

Date:2019-04-08(Mon)

昨日は、海洋少年団の団員を連れて、金ヶ崎宮から天筒山の展望台まで、花見をかねての訓練。暖かも加わり、汗がだらだら。いい運動になりすぎた。

夜は開票を待ち、選挙事務所を出たのが0時をまあっていた。統一地方選の一幕が終わった。前副知事の杉本達治氏が初当選。5選を目指した現職の西川一誠氏は大差をつけられての敗北でもある。西川知事を早くから支持を表明していた渕上市政としては痛手は大きい。選挙は後まで影響することが多い。

杉本新知事がどう敦賀市と対応するか、ノーサイドでの対応をお願いしたい。
敦賀市選挙区での県議選挙は力野氏の頑張り、新人の北川氏の当選は予想通りといえ、嬉しい限りだ。

石川氏の当選は票を落としたとはいえ、昨日の早朝のある朝起き会で午前4時半には昭和町会館に来ているではないか。なんと表現していいか疲れを見せず立派なものだ。
堀居氏についてはまだ39歳、次回の挑戦に期待したい。

ところで、早朝、投票所に一番乗りした人に与えられる“特典”がある。投票開始の前に投票箱に何も入っていないことの確認に立ち会える。公正な選挙に必須の手続きで、公選法施行令に定められているれっきとした一番乗りの権利だ。

これを昨日の選挙に行って来ると。初にこだわり、1票へ情熱を傾ける人もいる。投票率が下降気味の昨今。こんなこだわりもいい。

【2019/04/08】 | ページトップ↑
コンビニ業界の転機と敦賀

Date:2019-04-07(Sun)

昨日は春の晴天。久しぶりに自転車を海津大崎まで早朝、走らせた。海津大崎の桜はまだ二分咲き、これからが見頃を迎える。国道161号線から海津大崎に入るところにセブンイレブンができている。自転車で走るものには便利な存在だ。寒い朝方に温かいおでんはホッとする瞬間だ。

ところでコンビニ業界が一つの転機を迎えている。看板の24時間営業は「もう限界」という系列店主の叫びに、セブンイレブンが社長交代と見直し着手を迫られるに至った。

問題提起は、現下の深刻な人手不足にとどまらず、看板を第一とする運営本部とフランチャイズの関係、片時も休まないコンビニエンス(便利)社会そのものにも向けられているようである。

敦賀市にとって、撤退するスーパーに変わってコンビニは高齢者にとっても便利な存在になっているとも。

確か10年前、京都市などで温暖化防止を主眼とした深夜営業の規制が議論を呼んだことがある。コンビニ業界は猛反発し、客の利便や防犯の灯台としての役割をアピールした。

店舗数やサービス内容の大幅拡大に加え、災害時の物資協力などで、今やコンビニは地域の重要な生活インフラともなっている。それが人口減時代に入り、いつでも開いている安心感の足元が揺らいでいる。

市役所通り、平和堂前と、いつの間にかコンビニが撤退している。過当競争が続いているのも確かだ。

暗夜にホッとできて温かい明かりの下には、懸命に支えて働く人がいる。高齢者の店員もいる。ただ、便利さを見つめ直す時期に来ている。スーパーといい、コンビニといい、中小都市の敦賀には意外なところで影響する。

【2019/04/07】 | ページトップ↑
桜満開 そして散る桜残る桜も散る桜

Date:2019-04-06(Sat)

敦賀市に測候所があった頃は笙の川沿いの標準木が桜の満開を告げた。開花宣言がなくなって10年以上となる。どこか、寂しいがこれもリストラ。

ところで福井気象台は5日午後、「福井市のサクラが満開になった」と発表した。
観測で全体の80%以上が開花していることを確認したということで、「福井市のサクラが満開になった」と発表。

昨日は高気圧に覆われて青空が広がり、午前中から気温が上がりました。
日中の最高気温は、敦賀市で20度を上回り、4月下旬から5月上旬並みの温かさだったとか。金ヶ崎の駐車場もバスや乗用車で満杯。赤レンガ倉庫の駐車場へ案内していた。これが行きにくいと苦情をいただいた。

ところで花に嵐のたとえもあるほど、花見の季節は風がつきものである。ちょっとした上昇気流気味の風でも吹けば、花びらはどんどん舞っていく。嵐の中に咲いてこその桜花か。金ヶ崎、笙の川沿いと美しい。隠れたところで東洋紡も美しい。

桜名所は、この週末にかけて一気に満開になりそうだ。どんなに美しく咲いている桜も、いつかは

散る桜残る桜も散る桜

限られた命を大切にと訴える、良寛和尚の辞世の句。
どこか、寂しいがこれもサクラ、敦賀の春を楽しみたい。

【2019/04/06】 | ページトップ↑
街路樹の管理で市民性がわかる?

Date:2019-04-05(Fri)

金ヶ崎の街がサクラ色にほんのりと染まる。人道の港ムゼウムから金ヶ崎宮を見上げると色の変化がよくわかる。満開もいいが、この時期もいい。

一方、市内の桜の街路樹通りもほんのり桜色に染まる。

もうなくなったが男女共同参画センターからの窓から見る桜が好きだった。ただ、この桜の街路樹をあまりにも切り込みすぎてはいないか。歩道の管理もあるが、木々が大きくなるたびに根元の管理を行っている。

市役所通りのイチョウもそうだ。街路樹は市民が育てるもの。それを枯葉がどうのこうの、これでは市役所の担当も切るしかない。

イチョウ並木、桜並木で大きく育てた街路樹は美しい。街路樹の管理で市民性がわかるとも言う。役所の管理も大変だが、市民の清掃も我慢強い。

ところで春4月。新しい生活がスタートする季節だ。市役所の新入職員はすぐわかる。服装もそうだが、振る舞いがどこかたどたどしい。

学校は間もなく新学期を迎える。新入生だけでなく、在校生もクラス替えがあり、1年間の始まりは期待と不安が微妙に入り交じる。

それでも、互いに心を開き、あしたへの夢を紡ぐような学校生活であってほしい。新緑のころには、爽やかな風を受け、誰もが楽しく過ごしていると信じたい。

新入社員、新入生はあたたかく見守る。大きく育った熟年、ベテランも大きく花が開くには寛容の精神が必要とも。

いずれにしても「街路樹の管理で市民性がわかる」と言葉が気になり始めた。それだけ自分も歳か。

【2019/04/05】 | ページトップ↑
敦賀市の人口が65,565人(4月1日現在)

Date:2019-04-04(Thr)

金ヶ崎の桜も2分咲きから週末には満開へ。春の嵐といっても昨日まで寒かった。その嵐ではないが、年度末から改元旋風が日本列島に吹き荒れたといっていい。読売新の世論調査によると、「令和」に好感を持った人は6割を超えた。

ただ、奇術師のトリックにひっかかった観客のように改元にばかり目を奪われて、本来なら重要である他のことに注意が散漫にならないようにしなければ。

敦賀市の人口が人口 65,565人、世帯数 28,653世帯
4月1日の公表で昨年末までにあった6万6千人を500人減ったことになる。鯖江市と4千人近い差がついてしまった。予想できたといえ、雇用や活力面で気がつかないまま、ボディーブローのように長期的に影響を及ぼすと言って過言ではない。

国では、新年度から食品や飲料などの値上げが相次いでいる。6カ月後には消費税引き上げもあり、家計の負担増が懸念される。敦賀市はいま北陸新幹線工事もピークで駅前の飲食店やホテルは賑わうが一方、景気の4年後の反動も怖い。

雇用関連では、新たな在留資格を設け、外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法が施行された。働き方改革は罰則付きの残業時間の上限規制がスタートした。

外国人労働者の受け入れ拡大は、少子高齢化に直面している日本の人手不足対策。時代の要請である残業時間の上限規制は、半面で人手不足に結びつく。越前市は外国人が5千人近くなり、いずれこれを超える。

人手不足の一方で、40~64歳の引きこもりの人は全国に61万3千人いると内閣府が公表した。敦賀市も障害者を含め引きこもり状態にある方がいると聞く。

人口減少、少子高齢化など課題に取り組み「令和」をどういう時代にするかは統一地方選後だ。知事、市長、県議の選挙戦は大歓迎だが、市議選の立候補予定者が24名中24名で、いま止まっている。無風ではー。

【2019/04/04】 | ページトップ↑
「令和」を福井出身の白川さんによるとーー。

Date:2019-04-03(Wed)

一昨日の「令和」に驚いた。おこがましいが34年前、息子の名前の一字に「怜」を使った。音読みは「レイ」。訓読みは「さと」と。「忄(りっしんべん)」は心を、「令」は澄み透ることを表すので、「怜」には「心が澄む」様子を意味する。正直、少し考えすぎた。


注意していても名前以外にみたことがほとんどない。熟語などでの使用例は少なく、息子はいまどう思っているかわからないが、小中高の生徒時代は難しいといやがっていた。


ところで、福井出身の漢字学者白川静さんの研究をもとに我々でも読める「サイのものがたり」という絵本がある。

白川さんの漢字解説によると、「令」は神のおつげの象形。そこから転じて「よい、りっぱ」の意味となった。昨夜の解説であったが、令嬢や令息と言えば、人を敬うニュアンスが生まれるとか。

もうひとつの「和」は、口の隣に禾[か]がつけば「和」となる。白川さんによると「口(クチ)」杯の器(うつわ)を意味し、禾は軍門に立つ標識の木。軍門にさかずきを置いて戦争の中止を誓うことが「和」だったとか。

新元号が一昨日の「令和[れいわ]」、日本最古の歌集「万葉集」の出典、出典が中国古典ではなく、国書となったのは初めてとされる。安倍首相の会見からは、わが国の文化を重視する意気込みが伝わってきた。

だが、へりくつを言えば、日本固有と言っても、元をたどれば漢字文化。ここは白川博士の解説が生きる。いずれにしても「令和」は何より隣人や他国を敬う平和の精神と考えられるのではないか。

時代の目盛りを人間になぞらえれば、新元号は赤ちゃんへの命名のようなものだろう。平成の時代は平和だったが災害が多すぎた。生まれた子どもはまさにこれから世間の荒波にこぎ出していくのだが、名付けた親の方は過大な期待をしがちなものである。

それでもつましく、健康で平和に。災害のない日本の祈りを込めて「令和」を喜びたい。

【2019/04/03】 | ページトップ↑
子供のしつけと体罰

Date:2019-04-02(Tue)

新元号「令和」が決まった。昨日は、この話題でもちきり。夕方はヒョウが降り、一面が白くなり、どこか変わり目という想いがつのる。

ところで、変わらない記憶がある。親からの体罰は今の歳になっても覚えている。自分が悪いのだということもわかっている。押入に入れられたこと、顔の平手打ちと怖さと痛みは親を思い出す。いい思い出でもある。どうもいつけと虐待と我々世代と概念が違って来ている。

「逆境が人を育てる」とはよく聞く話だが、親からの虐待となるは違うようだ。児童虐待が成人後も影響を及ぼし続けるとも。

米国の調査で成人1万人以上を対象に、小児期の不幸な体験を聴く大規模調査を行った。身体的・心理的虐待、育児放棄、眼前での父から母への暴力などだ。体験項目が四つ以上重なる人は体験ゼロの人より自殺未遂が12倍、薬物依存が10倍、アルコール依存が7倍も多いとか。

心疾患やがん、肺気腫などのリスクも高くなる。心が傷つくだけでなく、肉体的な健康が奪われ続けるという衝撃的なもの。

児童虐待は社会的問題であると同時に医学的問題であるということにほかならない。

もう30年以上前の子育て時代に幼児をゆさぶると脳が影響を受けるものの本に書いてあった。

最近、激しい体罰を受けた人の脳は、感情と思考を制御する「前頭前野」の一部が縮んだという。

家庭内でしつけと称した子供への体罰を禁じる東京都の虐待防止条例が先月28日、東京都議会本会議で全会一致により可決、成立した。

政府も体罰を禁止する児童虐待防止法改正案などを国会に提出し、来年4月1日施行を目指しているが、都条例は今年4月1日に先行して施行される。

我々世代もそうだが、社会の意識を変えねば。子どもたちの一生がかかっている。

【2019/04/02】 | ページトップ↑
花冷えの野坂山

Date:2019-04-01(Mon)

今日から金ヶ崎宮の花換え祭り。桜の開花が進む敦賀市。このところ日ごとの寒暖の差が激しく、花冷えの日も多い。最高気温は10度ほども違う。体調を崩している人も多いようだ。

特に昨日もそうだが、週末の天気が安定しない。先週末、春の息吹を求めて野坂山の登山ハに出掛けたものの、あられが降る悪天候に見舞われた。

野坂山山頂本来は壮観であるはずの市街地とその先の海を望む景色もどこか寒々としていた。

野坂山は、街を見下ろして、この辺りの山々の中では別格の風貌をもつ。野坂山を中心に、左右に岩篭山(いわごもりやま)、西方ヶ岳を配した眺めには、敦賀三山という呼び名も付けられている。

また、江戸時代に作られた「敦賀津十景」の第九景には「埜坂(のさか)暮雪」があり、古くから、親しみを込めて仰がれていたことを示す。

かつて野坂山は山岳宗教の霊場であり、御嶽参りの日には、夜中に登って御来光を拝したと伝えられる。登山道途中の一ノ峰、二ノ峰などの呼び名は、当時のなごりとか。

今日からから4月。平成最後の月、年度初めの気ぜわしい時期ではあるが、今度は晴れた日に、山桜を眺めながらゆっくり歩きたい。

【2019/04/01】 | ページトップ↑
四国遍路とショーケン

Date:2019-03-31(Sun)

四国遍路の目的は、健康祈願、自分探しや開運・縁結びなど、まさに様々。よしわるしで判断はないが、健康ブームなどいい面ばかり取り上げられることが多いが、人生の辛さや悪行をを弘法大師と歩いて洗い流すという人など、それぞれだ。

古い話だが、ひもとくと、1966年四国遍路の帰途、船上から瀬戸内海に消えた市川団蔵の投身自殺を社会面のトップで4段・5段抜きの大見出しで報じたこともあった。。

有名人で首相を辞めた後の四国遍路の菅直人元首相、大麻など生活面での悪行を洗うようにショーケンこと萩原健一さんも四国遍路を行っている。

ショーケンが突然逝った。昭和から平成にかけ、グループサウンズやソロシンガー、テレビドラマや映画での活躍は、同時代を生きた身にはまぶしかった。

型破りで不良っぽいが、純粋で憎めない。「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事や、「傷だらけの天使」の修に、心をがっしりつかまれたファンは多かった。

薬物などでの逮捕や女性遍歴で世間を騒がせた。意外に知られてないが瀬戸内寂聴さんと仲がよかった。あまり変わらないし、成長しない。

40代には四国遍路を始めテレビに映った。やや穏やかな顔になった晩年も、ショーケンらしさは抜けなかった。病との闘いを公表せず、どこか印象に残る俳優だった。

【2019/03/31】 | ページトップ↑
前ページ | ひとことトップ | 次ページ